Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

テストベンチのセットアップ時間とホールド時間のパラメーター

このページでは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][テスト ベンチ] タブにあるコンフィギュレーション パラメーターについて説明します。このタブのパラメーターを使用して、データ入力のセットアップ時間およびデータ入力とリセット信号生成のホールド時間を指定できます。

ホールド時間 (ns)

入力信号とリセット入力信号生成のホールド時間をナノ秒単位で指定します。

設定

既定の設定: 2 (既定のクロック周期が 10 ns の場合)

ホールド時間は、クロックの立ち上がりエッジの経過後にリセット入力信号と入力データが保持される時間をナノ秒数を定義します。ホールド時間は正の整数または double (小数点以下有効桁数 6 桁まで) で表されます。

ヒント

  • 指定されたホールド時間はクロック周期 ([クロック High 時間] および [クロック Low 時間] プロパティで指定) より短くなければなりません。

  • このオプションは、[リセット信号生成] が選択された場合のみ、リセット入力信号に適用されます。

使用に関するメモ

リセット入力信号のホールド時間

ホールド時間は、クロックの立ち上がりエッジの経過後にリセット入力信号と入力データが保持される時間です。次の図は、信号をアクティブ High およびアクティブ Low で生成する場合の、リセット入力信号とデータ入力信号へのホールド時間 (thold) の適用を示しています。

データ入力信号のホールド時間

メモ

リセット信号は 2 サイクルに thold を加えた間、常にアサートされます。

依存関係

このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。[HDL を生成] 設定で DUT を選択してください。

コマンド ライン情報

プロパティ: HoldTime
タイプ: 整数
値: 正の整数
既定の設定: 2

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdltb を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムについて、このプロパティを指定できます。

  • プロパティを引数として関数 makehdltb に渡す。

    makehdltb('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
                'HoldTime', 4)
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdltb を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param('sfir_fixed', 'HoldTime', 4)
    makehdltb('sfir_fixed/symmetric_fir')

セットアップ時間 (ns)

データ入力信号のセットアップ時間を表示します。

設定

既定の設定: なし

これは表示専用フィールドで、(クロック周期 - HoldTime) の計算値をナノ秒単位で表示します。

依存関係

このフィールドに表示される値は、クロック レートと [ホールド時間] プロパティの値に依存します。

このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。[HDL を生成] 設定で DUT を選択してください。

コマンド ライン情報

表示専用フィールドのため、対応するコマンド ライン プロパティはありません。