Main Content

Simulink モデルの RAM マッピング

RAM マッピングは面積の最適化です。次を使用して、HDL コードで RAM にマッピングすることができます。

  • UseRAM を使用して遅延を RAM にマッピングする。詳細については、UseRAMを参照してください。

  • MapPersistentVarsToRAM を使用して MATLAB Function ブロックの永続配列を RAM にマッピングする。詳細については、MapPersistentVarsToRAMを参照してください。

  • HDL Operations ライブラリからの RAM ブロック:

    • Single Port RAM

    • Single Port RAM System

    • Dual Port RAM

    • Dual Port RAM System

    • Simple Dual Port RAM

    • Simple Dual Port RAM System

    • Dual Rate Dual Port RAM

  • RAM 実装をもつブロック。

参考

モデル設定

関連するトピック