Main Content

MATLAB コードの RAM マッピング

RAM マッピングとは、MATLAB® コードのストレージと遅延の要素を RAM にマッピングする面積の最適化です。この最適化を行わない場合は、ストレージと遅延の要素がレジスタにマッピングされます。このため、RAM マッピングにより、ターゲット ハードウェアで設計が占める面積を減らすことができます。

次の MATLAB コード要素を RAM にマップできます。

  • 永続配列変数

  • dsp.Delay System object™

  • hdl.RAM System object