Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

複数ファイルのテスト ベンチ

生成されたテスト ベンチを補助関数、データ、HDL テスト ベンチ コード ファイルに分割します。

説明

この設定を使用して、テスト ベンチ コード、データ、および補助関数を含むファイルの分割方法を指定できます。

ファイル名は DUT の名前、[テスト ベンチ名の接尾辞] プロパティおよび [テスト ベンチ データ ファイル名の接尾辞] プロパティから次のように派生されます。

DUTname_TestBenchPostfix_TestBenchDataPostfix

たとえば、DUT の名前が symmetric_fir でターゲット言語が VHDL® の場合、既定のテスト ベンチ ファイル名は次のようになります。

  • symmetric_fir_tb.vhd: テスト ベンチ コード

  • symmetric_fir_tb_pkg.vhd: 補助関数パッケージ

  • symmetric_fir_tb_data.vhd: データ パッケージ

DUT の名前が symmetric_fir でターゲット言語が Verilog® の場合、既定のテスト ベンチ ファイル名は次のようになります。

  • symmetric_fir_tb.v: テスト ベンチ コード

  • symmetric_fir_tb_pkg.v: 補助関数パッケージ

  • symmetric_fir_tb_data.v: テスト ベンチ データ

設定

既定の設定: オフ

オン

3 つの異なる HDL ファイルに書き込みます。テスト ベンチ コード、補助関数、およびテスト ベンチ データがそれぞれ個別のファイルに格納されます。

オフ

2 つの異なる HDL ファイルに書き込みます。一方のファイルに HDL テスト ベンチ コードが格納されます。もう一方のファイルに補助関数パッケージとテスト ベンチ データが格納されます。

依存関係

このプロパティが選択されると [テスト ベンチ データ ファイル名の接尾辞] が有効になります。

このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。[HDL を生成] 設定で DUT を選択してください。

コマンド ライン情報

プロパティ: MultifileTestBench
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。