Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

1 つのライブラリへのモデル参照用 VHDL コードの生成

モデル参照用に生成された VHDL® コードの配置先を 1 つのライブラリにするか、個別のライブラリにするかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデル参照用の VHDL コードを 1 つのライブラリに生成します。

オフ

各モデル参照に、個別の VHDL ライブラリを生成します。

依存関係

このオプションは、ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が VHDL の場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: UseSingleLibrary
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。