Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成の出力

[HDL コードを生成] パラメーターを使用して、HDL コードを生成するかどうかを指定できます。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[HDL コード生成][グローバル設定][詳細設定][コード生成の出力] を選択します。

HDL コードの生成

モデルまたはサブシステムの HDL コード生成を有効または無効にします。HDL コードを生成する Subsystem を指定するには、[HDL を生成] パラメーターを使用します。その後、[HDL コード生成] ペインの [生成] ボタンをクリックします。既定では、[VHDL] 言語で HDL コードが生成され、hdlsrc フォルダーに格納されます。

設定

既定の設定: オン

オン

HDL コードを生成するにはこの設定をオンにします。

オフ

この設定をオフにすると、モデルの HDL コードは生成できません。

コマンド ライン情報

プロパティ: GenerateHDLCode
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

既定では、GenerateHDLCode プロパティは選択されています。コードを生成するには、関数 makehdl を使用します。たとえば、このコマンドで、sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムに対する HDL コードを生成します。

makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

コード生成の出力の制御

プロパティ: CodeGenerationOutput
型: 文字ベクトル
値: 'GenerateHDLCode' | 'GenerateHDLCodeAndDisplayGeneratedModel''DisplayGeneratedModelOnly'
既定の設定: 'GenerateHDLCode'

既定では、HDL コードを生成すると、HDL Coder™ は生成モデルと呼ばれるモデルを作成します。生成されたモデルは HDL 特有のブロック実装を使用し、Simulink® のモデルに指定されている面積と速度の最適化を実装します。コード ジェネレーターは生成されたモデルを作成しますが、既定ではモデルを表示しません。生成されたモデルの表示を制御するには、CodeGenerationOutput プロパティを使用します。

この例では、HDL コードを生成してから、makehdl を使用して生成モデルを表示します。

makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
        'CodeGenerationOutput','GenerateHDLCodeAndDisplayGeneratedModel')

DisplayGeneratedModelOnly を指定すると、コード ジェネレーターには生成されたモデルが表示されますが、コードの生成は開始されません。

参考