Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

HDL コード生成に適したモデル パラメーターのチェック

チェック ID: com.mathworks.HDL.ModelChecker.runModelParamsChecks

チェック ID: com.mathworks.HDL.ModelAdvisor.runModelParamsChecks

HDL コード生成用のモデル パラメーター設定をチェックします。

説明

このチェックは、指定したモデル パラメーターが HDL コード生成と互換性があるかどうかを確認します。このチェックは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで以下の設定が使用されていることを確認します。

コマンド ライン パラメーターの設定コンフィギュレーション パラメーターの設定
SolverFixedStepDiscrete に設定します。[タイプ][固定ステップ] に、[ソルバー][離散 (連続状態なし)] に設定します。
FixedStepauto に設定します。[固定ステップ (基本サンプル時間)][自動] に設定します。
EnableMultiTaskingoff に設定します。[各離散レートを個別のタスクとして扱う] チェック ボックスをオフにします。
AlgebraicLoopMsgerror に設定します。[代数ループ][エラー] に設定します。
SingleTaskRateTransMsgerror に設定します。[シングルタスク データ転送][エラー] に設定します。
MultiTaskRateTransMsgerror に設定します。[マルチタスク データ転送][エラー] に設定します。
BlockReductionoff に設定します。[ブロック削減] チェック ボックスをオフにします。
ConditionallyExecuteInputsoff に設定します。[条件付き入力分岐実行] をオフにします。
DefaultParameterBehaviourInlined に設定します。このパラメーターは、set_param または hdlsetup を使用して、コマンド ラインから設定できます。

[既定のパラメーター動作][インライン] に設定します。このパラメーターを [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで設定する場合、Simulink® Coder™ がなければなりません。

メモ

このパラメーターの有効化は、InlineParams プロパティを on に設定するのと同じです。InlineParamsoff に設定すると、DefaultParameterBehavior の値が Tunable に変更されます。

DataTypeOverrideoff に設定します。ダイアログ ボックスのプロンプトなし。
ProdHWDeviceTypeASIC/FPGA->ASIC/FPGA に設定します。[デバイス ベンダー][ASIC/FPGA] に設定します。
ShowLineDimensions およびShowPortDataTypeson に設定します。[デバッグ] タブの [情報のオーバーレイ][端子] セクションで、[基本データ型] を選択します。
SignalLoggingSaveFormatDataset に設定します。ダイアログ ボックスのプロンプトなし。

互換性のないモデル パラメーターがある場合、HDL Coder™ は警告を表示して修正する必要のあるモデル パラメーターをリストします。

結果と推奨アクション

この警告を修正するには、[設定の変更] をクリックします。コード ジェネレーターは hdlsetup コマンドを実行して HDL コード生成用にモデル パラメーターを設定します。これで、チェックを再実行できます。

参考