Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ハードウェア ソフトウェア協調設計

分割されたハードウェアとソフトウェアをターゲット ハードウェア プラットフォームに展開する

ハードウェア ソフトウェア協調設計は、ハードウェアとソフトウェアとの組み合わせに展開できるシステムを設計します。MATLAB® 設計または Simulink® 設計は次のように展開します。

  • Xilinx® Zynq® および Intel® SoC などの System-on-Chip (SoC) プラットフォームをもつ単一のデバイスにハードウェアおよびソフトウェアとして展開。

  • Intel FPGA や Xilinx FPGA ボードなどのスタンドアロン FPGA ボード上に展開。

  • FPGA I/O ボードを使用する Simulink ターゲット マシンなど個別の FPGA やプロセッサを使用するプラットフォーム上に展開。

設計を分割して、FPGA ファブリックを対象とするハードウェアおよび組み込みプロセッサで実行するソフトウェアを生成します。SoC プラットフォーム向けのハードウェア ソフトウェア協調設計ワークフローを参照してください。

  • IP コアの生成
    スタンドアロン FPGA ボード、Speedgoat ボード、Xilinx Zynq -7000 プラットフォーム、または Intel SoC デバイスに展開する HDL コードを含む HDL IP コアを生成します。
  • カスタム リファレンス設計
    生成された IP コアをターゲット SoC デバイス、Speedgoat ボード、またはスタンドアロン FPGA ボードに統合するための独自のカスタム リファレンス設計を作成します。
  • Xilinx Zynq プラットフォーム
    Xilinx Zynq-7000 プラットフォームの HDL コードと組み込みソフトウェアの生成と展開
  • Intel SoC デバイス
    Intel SoC デバイスの HDL コードと組み込みソフトウェアの生成と展開
  • Simulink Real-Time FPGA I/O モジュール
    Simulink Real-Time™ FPGA I/O モジュールの HDL コードの生成と展開 (Simulink Real-Time が必要)
  • スタンドアロン FPGA ボード
    Intel ボードまたは Xilinx ボードでの HDL コードの生成と展開