Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ハードウェア ソフトウェア協調設計の基礎

SoC プラットフォームおよびスタンドアロン FPGA ボード向けのハードウェア ソフトウェア協調設計ワークフローの実行

設計をハードウェア コンポーネントとソフトウェア コンポーネントに分割する場合は、HDL Coder™ HDL ワークフロー アドバイザーを使用して、設計のターゲットをスタンドアロン FPGA ボード、SoC デバイス、および Speedgoat FPGA IO モジュールにします。設計は、RTL コードと IP コアを生成する DUT アルゴリズムと、プロセッサで実行する組み込みコードを生成するソフトウェア コンポーネントで構成されます。ハードウェア コンポーネントとソフトウェア コンポーネントのインターフェイスには AXI インターフェイスを使用します。

クラス

すべて展開する

hdlcoder.BoardBoard registration object that describes SoC custom board
hdlcoder.WorkflowConfigConfigure HDL code generation and deployment workflows
hdlcoder.ReferenceDesignReference design registration object that describes SoC reference design

トピック

SoC プラットフォーム向けのハードウェア ソフトウェア協調設計ワークフロー

SoC プラットフォームをターゲットにする場合のワークフロー ステップの概要。

プロセッサと FPGA の同期

HDL ワークフロー アドバイザーでは、次の場合にプロセッサと FPGA に対して [プロセッサ/FPGA 同期] モードを選択できます。

スクリプトを使用した HDL ワークフローの実行

HDL ワークフロー CLI コマンド スクリプトをエクスポート、インポートまたは構成する

HDL ワークフロー アドバイザーのご利用の前に

HDL ワークフロー アドバイザーの基礎とさまざまなタスクの実行方法について学習します。

HDL Coder によるテスト ポイント信号のモデル化およびデバッグ

モデル内の信号にテスト ポイントを追加し、生成された HDL コードで、それらの信号をデバッグする方法を示す例。

ターゲット FPGA ボードまたは SoC デバイスのプログラム

ターゲット Intel または Xilinx ハードウェアをプログラムする方法。

注目の例