Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

固定小数点の変換の検証

固定小数点モデルと浮動小数点モデルの動作の比較

固定小数点への変換で説明されている手順が完了したら、モデルの固定小数点バージョンのシミュレーション動作とワークフローの開始時に収集した浮動小数点のベースラインを比較して、変換が成功したかどうかを判断します。

クラス

DataTypeWorkflow.VerificationResultシステムの固定小数点への変換後の結果の検証
DataTypeWorkflow.Result実行結果情報を含むオブジェクト
DataTypeWorkflow.DiffRunResult2 つのシミュレーション実行の比較結果
DataTypeWorkflow.DiffSignalResult2 つの信号の比較結果

関数

fxptdlg固定小数点ツールを起動

トピック

新しい設定の確認

ワークフローのオートスケーリングの最後の手順。

別のデータ型の探索

新しい既定のデータ型を使用した設計の再変換。

シミュレーション結果の表示

シミュレーション データ インスペクターを使用してシミュレーション結果を表示し、実行を比較して固定小数点設計を検証します。

モデルを元の状態に復元

変換中に行われた変更を削除し、モデルを変換プロセスの開始時の状態に復元する。

浮動小数点から固定小数点への変換を複数行うことによる探索

さまざまな推奨設定の探索を繰り返し、浮動小数点から固定小数点への最適な変換を見つける。

データ ディクショナリを使用した複数のデータ型動作のモデル化

参照されるデータ ディクショナリを使用してモデルに複数のデータ型のセットを保存する方法を示します。この例はまた、参照されるデータ ディクショナリを切り替えることでデータ型を変更する方法について紹介します。

トラブルシューティング

推奨されたデータ型を適用した後のデータ型の伝播エラー

モデルと互換性がないデータ型が固定小数点ツールで推奨される場合のトラブルシューティング。

固定小数点ツールを使用した再変換

設計を再変換する方法。