ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

変換するシステムを準備する際のベスト プラクティス

固定小数点ツールを使用すると、浮動小数点モデルまたはサブシステムを同等の固定小数点表現に変換するモデルを準備できます。変換するモデルの準備をした後、固定小数点ツールを使用して初期固定小数点データ型を取得し、さらにこれらのデータ型を詳細設定します。

ベスト プラクティス

既知の作業用モデルの使用

固定小数点ツールを使用する前に、モデルでブロック線図の更新が正常に終了することを確認してください。ブロック線図を更新するには、Ctrl + D キーを押します。"ブロック線図の更新" に失敗した場合は、モデルの変換を開始する前にモデル内のエラーを修正してください。

モデルのバックアップ

まず Simulink® モデルをバックアップしてください。

これを実践することにより、エラー発生時のバックアップと、テストおよび検証用のベースラインが提供されます。

サブシステムの変換

モデル全体ではなく、モデル内のサブシステムを変換します。これによって時間を節約し、不要な変換を省きます。

短いシミュレーション実行時間の指定

短いシミュレーション実行時間を指定すると、タスクの処理時間が短縮されます。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスでシミュレーションの実行時間を変更できます。詳細は、Simulink Reference の開始時間 (Simulink)と終了時間 (Simulink)を参照してください。

モデルの小さい変更

誤ってエラーになった場所を特定できるように、モデルに小さい変更を加えます。

[出力データ型の設定をロックする] の使用

固定小数点アドバイザーによる現在のデータ型の置き換えを回避することができます。多数のブロックで使用可能な [固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする] パラメーターを使用します。既定の設定は置き換えを許可します。次の場合に、この設定を使用します。

  • 特定のブロックに使用する固定小数点データ型が既知である。

    たとえば、ブロックが実際のコンポーネントをモデル化している場合などです。出力を整数値に限るなど、ハードウェアの既知の制限を考慮してブロックを設定します。

    ブロックの出力データ型を明示的に指定し、[固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする] を選択します。

  • モデルをデバッグ中で、特定のブロックが特定のデータ型しか受け入れないことがわかっている。

    アップストリーム ブロックの出力データ型を明示的に指定し、[固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする] を選択します。

Simulink 信号オブジェクトの保存

固定小数点アドバイザーは、モデル内の Simulink 信号オブジェクトのデータ型を推奨します。ただし、自動的に Simulink 信号オブジェクトを保存するわけではありません。変更を維持するには、モデルを終了する前にワークスペースとモデルの Simulink 信号オブジェクトを保存してください。

復元ポイントの保存

モデルに変更を加えると、次のブロック線図更新に際してエラーの原因となる可能性があるため、変更前に復元ポイントの保存を検討してください。