このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

固定小数点ツール

固定小数点ツールの紹介

固定小数点ツールはモデルにおける固定小数点データ型の指定を自動化するユーザー インターフェイスです。このツールではモデル オブジェクトの範囲データを収集します。範囲データは、オブジェクトで明示的に指定される設計の最小値と最大値、シミュレーション中に発生し記録された最大値と最小値、あるいは範囲解析により派生した最大値と最小値のいずれかから収集されます。これらの値に基づいて、ツールでは精度を最大化し範囲をカバーする固定小数点データ型を推奨します。その後、推奨されたデータ型を確認し、モデル内のオブジェクトに選択的に適用することができます。

固定小数点ツールの機能詳細

指定した設計範囲に基づく範囲情報の取得

範囲解析の機能について

シミュレーション データに基づくデータ型の推奨

固定小数点ツールを使用したオートスケーリング

派生した範囲に基づくデータ型の推奨

固定小数点ツールを使用したオートスケーリング

複数の実行からのシミュレーション データに基づくデータ型の推奨

マージされたシミュレーション範囲に対するデータ型の推奨

固定小数点モデルのデバッグ

固定小数点モデルのデバッグ

固定小数点ツールの使用

固定小数点ツールを開くには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • Simulink®[解析] メニューから [データ型の設計][固定小数点ツール] を選択します。

  • モデルのコンテキスト メニューから [固定小数点ツール] を選択します。

  • サブシステムのコンテキスト メニューから [固定小数点ツール] を選択します。

プログラムでツールを開く場合は、関数 fxptdlg を使用します。詳細は、fxptdlg を参照してください。

参考

関連するトピック