最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fi オブジェクト プロパティ

データ プロパティ

fi オブジェクトのデータ プロパティは常に書き込み可能です。

  • binfi オブジェクトの格納整数値 (2 進数)

  • datafi オブジェクトの実際の数値

  • decfi オブジェクトの格納整数値 (10 進数)

  • double — MATLAB® double データ型として格納された fi オブジェクトの実際値

  • hexfi オブジェクトの格納整数値 (16 進数)

  • intfi オブジェクトの格納整数値。組み込み MATLAB 整数データ型で格納されています。

  • octfi オブジェクトの格納整数値 (8 進数)

これらのプロパティの詳細については、Fixed-Point Designer™ リファレンスのfi オブジェクト プロパティを参照してください。

fimath プロパティ

一般に、fi オブジェクトに関連付けられた fimath プロパティは、fi オブジェクトの作成方法によって異なります。

  • fi コンストラクターで fimath オブジェクト プロパティを 1 つ以上指定した場合は、結果の fi オブジェクトにローカルの fimath オブジェクトがあります。

  • fi コンストラクターで fimath オブジェクト プロパティを指定しなかった場合、返される fi オブジェクトにはローカル fimath がありません。

fi オブジェクトに fimath オブジェクトがあるかどうかを判断するには、関数 isfimathlocal を使用します。

fi オブジェクトに関連付けられた fimath プロパティによって、固定小数点演算の実行方法が決まります。これらの fimath プロパティはローカルの fimath オブジェクトまたは既定の fimath プロパティ値から継承できます。固定小数点演算における fimath オブジェクトの詳細は、固定小数点演算用の fimath のルールを参照してください。

以下の fimath プロパティは、推移性により、fi オブジェクトのプロパティでもあります。これらのプロパティを各 fi オブジェクトに設定できます。以下の fimath プロパティは常に書き込み可能です。

  • CastBeforeSum — 両方のオペランドが加算前に加算データ型にキャストされるかどうか

    メモ

    SumModeFullPrecision に設定されていると、このプロパティは非表示になります。

  • MaxProductWordLength — 乗算データ型の最大許容語長

  • MaxSumWordLength — 加算データ型の最大許容語長

  • OverflowAction — オーバーフロー時のアクション

  • ProductBias — 乗算データ型のバイアス

  • ProductFixedExponent — 乗算データ型の固定小数点の指数

  • ProductFractionLength — 乗算データ型の小数部の長さ (ビット単位)

  • ProductMode — 乗算データ型の決定方法の定義

  • ProductSlope — 乗算データ型の勾配

  • ProductSlopeAdjustmentFactor — 乗算データ型の勾配調整係数

  • ProductWordLength — 乗算データ型の語長 (ビット単位)

  • RoundingMethod— 丸め手法

  • SumBias — 加算データ型のバイアス

  • SumFixedExponent — 加算データ型の固定小数点の指数

  • SumFractionLength — 加算データ型の小数部の長さ (ビット単位)

  • SumMode — 加算データ型の決定方法の定義

  • SumSlope — 加算データ型の勾配

  • SumSlopeAdjustmentFactor — 加算データ型の勾配調整係数

  • SumWordLength — 加算データ型の語長 (ビット単位)

詳細は、fimath オブジェクト プロパティを参照してください。

numerictype プロパティ

fi オブジェクトを作成すると、numerictype オブジェクトも fi オブジェクトのプロパティとして自動的に作成されます。

numerictypefi オブジェクト、Simulink® 信号またはモデル パラメーターのデータ型情報をすべて含んでいるオブジェクト

以下の numerictype プロパティは、推移性により、fi オブジェクトのプロパティでもあります。numerictype オブジェクトの以下のプロパティは、fi オブジェクトの作成後に読み取り専用になります。ただし、numerictype プロパティに新しい値を指定して fi オブジェクトのコピーを作成できます。

  • Biasfi オブジェクトのバイアス

  • DataTypefi オブジェクトに関連付けられたデータ型のカテゴリ

  • DataTypeModefi オブジェクトのデータ型およびスケーリング モード

  • FixedExponentfi オブジェクトに関連付けられた固定小数点の指数

  • FractionLengthfi オブジェクトの格納整数値の小数部の長さ (ビット単位)

  • Scalingfi オブジェクトの固定小数点スケーリング モード

  • Signedfi オブジェクトが符号付きか符号なしか

  • Signednessfi オブジェクトが符号付きか符号なしか

    メモ

    numerictype オブジェクトは AutoSignedness をもつことができますが、fi オブジェクトはすべて Signed または Unsigned でなければなりません。Auto Signednessnumerictype オブジェクト使用して fi オブジェクトを作成する場合、fi オブジェクトの Signedness プロパティは自動的に既定の Signed になります。

  • Slopefi オブジェクトに関連付けられた勾配

  • SlopeAdjustmentFactorfi オブジェクトに関連付けられた勾配調整

  • WordLengthfi オブジェクトの格納整数値の語長 (ビット単位)

詳細は、numerictype オブジェクト プロパティを参照してください。

Fixed-Point Designer ソフトウェアで fi オブジェクトのプロパティを指定するには 2 つの方法があります。以下の節を参照してください。

fi オブジェクト プロパティの設定

fi オブジェクト プロパティは、次の 2 つの方法で設定できます。

  • オブジェクト作成時のプロパティの設定

  • プロパティの直接参照の使用

オブジェクト作成時の固定小数点プロパティの設定

コンストラクター関数 fi の引数の後にプロパティを含めることにより、オブジェクト作成時に fi オブジェクトのプロパティを設定できます。たとえば、オーバーフロー アクションを Wrap に、丸め手法を Convergent に設定するには、以下のように入力します。

a = fi(pi, 'OverflowAction', 'Wrap',...
     'RoundingMethod', 'Convergent') 
a =
 
    3.1416


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 13

        RoundingMethod: Convergent
        OverflowAction: Wrap
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision

fi オブジェクトの格納整数値を設定するには、オブジェクトの作成時に 'int' プロパティに対してパラメーターと値の組み合わせを使用します。たとえば、格納整数値が 4、語長が 16 ビット、小数部の長さが 15 ビットである符号付きの fi オブジェクトを作成します。

x = fi(0,1,16,15,'int',4);

fi オブジェクトの整数の設定が予期したとおりであることを確認します。

x.int
ans =

      4

fi におけるプロパティの直接参照の使用

MATLAB 構造体のような参照を使用すると、プロパティを直接参照して fi オブジェクト プロパティの値を設定または取得できます。プロパティを直接参照するには、ピリオドを使用してプロパティに名前でインデックスを付けます。

たとえば、aWordLength を取得するには、以下のように入力します。

a.WordLength
ans =

    16

aOverflowAction を設定するには、以下のように入力します。

a.OverflowAction = 'Wrap' 
a =
 
    3.1416


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 13

        RoundingMethod: Convergent
        OverflowAction: wrap
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision

ローカル fimath オブジェクトをもつ fi オブジェクト b がある場合は、ローカル fimath オブジェクトを削除して、b が既定の fimath 値を使用するように指定できます。

b = fi(pi, 1, 'RoundingMethod', 'Floor')
b =
    3.1415

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 13

        RoundingMethod: Floor
        OverflowAction: Saturate
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision
b.fimath = []
b =
    3.1415

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 13
isfimathlocal(b)
ans =
     0