Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

MATLAB コードの単精度の設計

倍精度 MATLAB コードから単精度 MATLAB コードへの変換

単精度数は 32 ビットのみを使用するため倍精度数より必要メモリが少なくて済みますが、浮動小数点演算から多くの利点が得られます。コマンド ラインで関数 convertToSingle を使用し、倍精度 MATLAB コードを単精度に変換できます。

関数

すべて展開する

convertToSingle倍精度の MATLAB コードから単精度の MATLAB コードへの変換
coder.config固定小数点または単精度の変換のための構成オブジェクトの作成
CustomFloatカスタムの浮動小数点データ型をもつ数値オブジェクト
half半精度数値オブジェクトの作成
pow10基数 10 べき乗と半精度数のスケーリング
rsqrt逆数平方根
fma融合積和演算法を使用した乗算と加算

クラス

coder.SingleConfig倍精度から単精度への変換構成オブジェクト

トピック

単精度 MATLAB コードの生成

倍精度の MATLAB® コードから単精度の MATLAB コードを生成します。

単精度の変換でサポートされる MATLAB 言語機能

単精度の変換では、サポートされる MATLAB 言語機能を使用します。

単精度の変換におけるベスト プラクティス

ベスト プラクティスに従って単精度の MATLAB コードを生成するか、単精度の C/C++ コードを生成します。