Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

tostring

fifimathnumerictype、または quantizer オブジェクトを文字列に変換

説明

s = tostring(a) は、eval(s)a と同じプロパティをもつ fi オブジェクトを作成するように、fi オブジェクト a を文字ベクトル s に変換します。

s = tostring(F) は、eval(s)F と同じプロパティをもつ fimath オブジェクトを作成するように、fimath オブジェクト F を文字ベクトル s に変換します。

s = tostring(T) は、eval(s)T と同じプロパティをもつ numerictype オブジェクトを作成するように、numerictype オブジェクト T を文字ベクトル s に変換します。

s = tostring(q) は、eval(s)q と同じプロパティをもつ quantizer オブジェクトを作成するように、quantizer オブジェクト q を文字ベクトル s に変換します。

すべて折りたたむ

a = fi(pi,1,16,10);
s = tostring(a)
a1 = eval(s)
isequal(a,a1)
s =

    'fi('numerictype',numerictype(1,16,10),'Value','3.1416015625')'


a1 = 

    3.1416

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 10

ans =

  logical

   1
F = fimath('OverflowAction','Saturate','RoundingMethod','Convergent');
s = tostring(F)
F1 = eval(s)
isequal(F,F1)
s =

    'fimath('RoundingMethod', 'Convergent',...
     'OverflowAction', 'Saturate',...
     'ProductMode','FullPrecision',...
     'SumMode','FullPrecision')'


F1 = 


        RoundingMethod: Convergent
        OverflowAction: Saturate
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision

ans =

  logical

   1
T = numerictype(1,16,15);
s = tostring(T)
T1 = eval(s)
isequal(T,T1)
s =

    'numerictype(1,16,15)'


T1 =


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 15

ans =

  logical

   1
q = quantizer('fixed','Ceiling','Saturate',[5 4]);
s = tostring(q)
q1 = eval(s)
isequal(q,q1)
s =

    'quantizer('fixed', 'ceil', 'saturate', [5  4])'


q1 =


        DataMode = fixed
       RoundMode = ceil
    OverflowMode = saturate
          Format = [5  4]

ans =

  logical

   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力 fi オブジェクト。

データ型: fi
複素数のサポート: あり

入力 fimath オブジェクト。

入力 numerictype オブジェクト。

入力 quantizer オブジェクト。

バージョン履歴

R2006a より前に導入