ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

numerictype

numerictype オブジェクトを作成

構文

T = numerictype
T = numerictype(s)
T = numerictype(s,w)
T = numerictype(s,w,f)
T = numerictype(s,w,slope,bias)
T = numerictype(s,w,slopeadjustmentfactor,fixedexponent,bias)
T = numerictype(property1,value1, ...)
T = numerictype(T1, property1, value1, ...)
T = numerictype('double')
T = numerictype('single')
T = numerictype('boolean')

説明

コンストラクター関数 numerictype は次のように使用することができます。

  • T = numerictype は既定の numerictype オブジェクトを作成します。

  • T = numerictype(s) は、Fixed-point: unspecified scalingSigned プロパティ値 s、および 16 ビットの語長をもつ numerictype オブジェクトを作成します。

  • T = numerictype(s,w) は、Fixed-point: unspecified scalingSigned プロパティ値 s、および語長 w をもつ numerictype オブジェクトを作成します。

  • T = numerictype(s,w,f) は、Fixed-point: binary point scalingSigned プロパティ値 s、語長 w、および小数部の長さ f をもつ numerictype オブジェクトを作成します。

  • T = numerictype(s,w,slope,bias) は、Fixed-point: slope and bias scalingSigned プロパティ値 s、語長 wslope、および bias をもつ numerictype オブジェクトを作成します。

  • T = numerictype(s,w,slopeadjustmentfactor,fixedexponent,bias) は、Fixed-point: slope and bias scalingSigned プロパティ値 s、語長 w slopeadjustmentfactorfixedexponent、および bias をもつ numerictype オブジェクトを作成します。

  • T = numerictype(property1,value1, ...) では、プロパティ名とプロパティ値のペアを使用して numerictype オブジェクトのプロパティを設定することができます。プロパティに値を指定しない場合は、既定値が割り当てられます。

  • T = numerictype(T1, property1, value1, ...) を使用すると、既存の numerictype オブジェクトのコピーを作成する一方で、いずれかまたはすべてのプロパティ値を変更することができます。

  • T = numerictype('double')double numerictype を作成します。

  • T = numerictype('single')single numerictype を作成します。

  • T = numerictype('boolean')Boolean numerictype を作成します。

numerictype オブジェクトのプロパティは以下のとおりです。これらのプロパティの詳細は、numerictype オブジェクト プロパティを参照してください。

  • Bias — バイアス

  • DataType — データ型カテゴリ

  • DataTypeOverride — データ型オーバーライドの設定。このプロパティは、値が既定の Inherit である場合には表示されません。

  • DataTypeMode — データ型とスケーリング モード

  • FixedExponent — 固定小数点指数

  • SlopeAdjustmentFactor — 勾配調整

  • FractionLength — 格納整数値の小数部の長さ (ビット単位)

  • Scaling — 固定小数点スケーリング モード

  • Signed — 符号付きまたは符号なし

  • Signedness — 符号付き、符号なし、または自動

  • Slope — 勾配

  • WordLength — 格納整数値の語長 (ビット単位)

既定の numerictype オブジェクトを作成します。

以下のように入力します。

T = numerictype

これで既定の numerictype オブジェクトが作成されます。

T =
 

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 15

指定された語長および小数部の長さをもつ numerictype オブジェクトを作成します。

次のコードは、語長 32 ビット、小数部の長さ 30 ビットの符号付き numerictype オブジェクトを作成します。

T = numerictype(1, 32, 30)
 T =
 
          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 32
        FractionLength: 30

スケーリングが未指定の numerictype オブジェクトの作成

引数 f を省略すると、スケーリングは指定されません。

T = numerictype(1, 32)
T =
 
          DataTypeMode: Fixed-point: unspecified scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 32

既定の語長およびスケーリングをもつ numerictype オブジェクトの作成

引数 wf を省略すると、語長は自動的に 16 ビットに設定され、スケーリングは指定されません。

T = numerictype(1)
T =
 
          DataTypeMode: Fixed-point: unspecified scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16

指定されたプロパティ値をもつ numerictype オブジェクトの作成

オブジェクトを作成するとき、プロパティ名/プロパティ値のペアを使用して、numerictype のプロパティを設定できます。

T = numerictype('Signed', true, 'DataTypeMode',...
 'Fixed-point: slope and bias scaling',...
 'WordLength', 32, 'Slope', 2^-2, 'Bias', 4)
T =
 
          DataTypeMode: Fixed-point: slope and bias scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 32
                 Slope: 0.25
                  Bias: 4

メモ

プロパティ名とプロパティ値のペアを使用して numerictype オブジェクトを作成する場合、Fixed-Point Designer™ ソフトウェアは最初に既定の numerictype オブジェクトを作成し、次に、コンストラクターで指定した各プロパティ名に対して対応するプロパティ値を割り当てます。この動作は、T = numerictype(s,w) などの構文を使用したときの動作とは異なります。詳細については、『Fixed-Point Designer ユーザー ガイド』の例: プロパティ名とプロパティ値のペアによる numerictype オブジェクトの作成を参照してください。

符号が未指定の numerictype オブジェクトの作成

符号が指定されていない numerictype オブジェクトを作成できます。これを行うには、プロパティ名とプロパティ値のペアを使用して Signedness プロパティを Auto に設定します。

T = numerictype('Signedness', 'Auto')
T =
 

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Auto
            WordLength: 16
        FractionLength: 15

メモ

符号が指定されていない (Signedness: Auto) numerictype オブジェクトを作成できますが、fi オブジェクトの Signedness はすべて Signed または Unsigned でなければなりません。Signedness: Auto をもつ numerictype オブジェクトが fi オブジェクトの作成に使用された場合、fi オブジェクトの Signedness プロパティは自動的に既定値の Signed になります。

指定されたデータ型 をもつ numerictype オブジェクトの作成

指定されたデータ型をもつ numerictype オブジェクトを作成するには、numerictype コンストラクターにプロパティ名/プロパティ値のペアを含めます。

T = numerictype(0, 24, 12, 'DataType', 'ScaledDouble')
 T =
 

          DataTypeMode: Scaled double: binary point scaling
            Signedness: Unsigned
            WordLength: 24
        FractionLength: 12

MATLAB® は、指定された WordLength 24、FractionLength 12 をもち、DataTypeScaledDouble に設定された、符号なしの numerictype オブジェクト T を返します。

拡張機能

R2006a より前に導入