Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

noperations

操作回数

構文

noperations(q)

説明

noperations(q) は、quantizer オブジェクト q に対して quantize(q,...) を呼び出しているときに行われる量子化操作の回数です。この値は、関数 quantize を呼び出すたびに累積されます。noperations の値を 0 にリセットするには、コマンド resetlog(q) を発行します。

いずれかのデータ要素が量子化されるたびに、noperations が 1 だけインクリメントされます。実数部と虚数部は別々にカウントされます。たとえば、(complex * complex) は乗算に対しては 4 回の量子化操作、総和に対しては 2 回の量子化操作をカウントします。これは (a+bi)*(c+di) = (a*c - b*d) + (a*d + b*c) であるからです。これに対して、(real*real) は 1 回の量子化操作をカウントします。

さらに、入力の実数部と虚数部は別々に量子化されます。その結果、長さが 204 要素の複素数入力の場合、noperations は 408 回の量子化操作をカウントします。入力の実数部に対して 204 回、虚数部に対して 204 回となります。

入力、状態、または係数のいずれかが複素数値の場合、すべてが実数値から複素数値に拡張されます。その際、noperations で記録される対応する量子化操作の回数が 1 だけ増えます。具体的には、(real*real) に必要な量子化操作の回数は (real*complex)(complex*complex) より少なくなります。係数など、1 つが複素数であるためにすべての値を複素数に変更すると、(real*real)(real*complex) に変わり、noperations カウント数が増えます。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

|