Main Content

fi オブジェクト プロパティ

fi オブジェクトに関連付けられたプロパティについて、次の各節でアルファベット順に説明します。

これらのプロパティは、fi オブジェクトの作成時に設定できます。たとえば、fi オブジェクトの格納整数値を設定するには、次のようにします。

x = fi(0,true,16,15,'int',4);

メモ:

fimath プロパティおよび numerictype プロパティも、fi オブジェクトのプロパティです。詳細は、fimath オブジェクト プロパティおよびnumerictype オブジェクト プロパティを参照してください。

bin

fi オブジェクトの 2 進数で格納された整数値。

data

fi オブジェクトの数値の実際値。

dec

fi オブジェクトの 10 進数で格納された整数値。

double

MATLAB® double として格納される fi オブジェクトの実際値。

fimath

fi オブジェクトに関連付けられている fimath プロパティ。fimath プロパティによって、fi オブジェクトでの固定小数点算術演算の実行ルールが決まります。fi オブジェクトの fimath プロパティは、ローカル fimath オブジェクトまたは既定値から取得できます。fimath の出荷時の既定の設定は、次のとおりです。

        RoundingMethod: Nearest
        OverflowAction: Saturate
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision

fimath オブジェクトの詳細は、fimath オブジェクトの作成を参照してください。fimath オブジェクトの各プロパティの詳細は、fimath オブジェクト プロパティを参照してください。

hex

fi オブジェクトの 16 進数で格納された整数値。

int

fi オブジェクトの格納整数値。組み込み MATLAB 整数データ型で格納されています。

NumericType

numerictype オブジェクトには固定小数点オブジェクトのすべてのデータ型とスケーリングの属性が含まれています。numerictype オブジェクトの動作は MATLAB 構造体と同じですが、定義済みのフィールドに有効な値のみを設定できる点が異なります。構造体の各フィールドの設定の一覧表は、『Fixed-Point Designer™ ユーザー ガイド』のnumerictype オブジェクトのプロパティに有効な値を参照してください。

メモ

fi オブジェクトの作成後に、fi オブジェクトの numerictype プロパティを変更することはできません。

oct

fi オブジェクトの 8 進数で格納された整数値。

fi オブジェクトの完全精度の実際値。文字ベクトルとして保存されます。