Main Content

errmean

量子化誤差の平均

構文

m = errmean(q)

説明

m = errmean(q) は、quantizer オブジェクト q による信号の量子化により発生した、一様分布するランダムな量子化誤差の平均を返します。

メモ:

信号の精度が quantizer の精度に近い場合、結果は正確ではありません。

quantizer q の量子化誤差の平均である m を計算します。

q = quantizer;
m = errmean(q)
m =

    -1.525878906250000e-05

m を、モンテカルロ試算による標本平均 m_est と比較します。

r = realmax(q);
u = 2*r*rand(1000,1)-r;  % Original signal
y = quantize(q,u);       % Quantized signal
e = y - u;               % Error
m_est = mean(e)          % Estimate of the error mean 
m_est =

    -1.526738835715480e-05

バージョン履歴

R2008a で導入