最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点への変換

モデル内のオブジェクトに対するデータ型の推奨

範囲の収集で説明されているように、理想的なシミュレーション範囲、派生範囲、またはその両方を収集した後、収集した理想範囲に基づいてモデル内のオブジェクトに対するデータ型を推奨します。

関数

fxpoptシステムのデータ型の最適化

クラス

DataTypeWorkflow.Converter固定小数点コンバーター オブジェクトの作成
DataTypeWorkflow.findDecoupledSubsystems近似で置き換えるサブシステムのリストの取得
DataTypeWorkflow.ProposalSettingsデータ型の推奨のための推奨設定オブジェクト
fxpOptimizationOptionsデータ型最適化のオプションの指定
OptimizationSolution最適化されたシステムの固定小数点実装
OptimizationResult 固定小数点システムの最適化後の結果

トピック

固定小数点ツールを使用した変換

データ型の変換の概要

3 つの方法のうちのいずれかでのモデルのデータ型の固定小数点への変換。

固定小数点ツールを使用したオートスケーリング

固定小数点ツールを使用して、システムを浮動小数点から固定小数点に変換する。

データ型の変換

ワークフローのオートスケーリングの 3 番目の手順。

浮動小数点モデルから固定小数点モデルへの変換

固定小数点ツールを使用して浮動小数点モデルを固定小数点モデルに変換する。

固定小数点モデルの再スケーリング

固定小数点ツールを使用して、フィードバック モデル内の固定小数点データ型をスケーリングします。

固定小数点ツールによるデータ型の推奨方法

固定小数点ツールは収集された範囲および推奨設定に基づいてデータ型を推奨します。

推奨データ型に対するハードウェア実行設定の影響

次の例は、固定小数点ツールを使用して単純移動平均アルゴリズムを実装するモデルの語長を推奨する方法を示します。

マージされたシミュレーション範囲に対するデータ型の推奨

固定小数点ツールを使用して複数のシミュレーション結果をマージし、マージされた結果に基づいてデータ型を推奨します。

継承された型をもつ結果に対する推奨の取得

ブロックではデータ型をさまざまなソースから継承することができます。固定小数点ツールを使用して、継承された出力データ型を使用するブロックのデータ型の推奨を取得することができます。

プログラムによる固定小数点への変換

固定小数点ツールのコマンド ライン インターフェイス

コマンド ライン インターフェイス ワークフローと固定小数点ツール ワークフローの差異を強調する

コマンド ラインを使用したモデルの固定小数点への変換

固定小数点ツールのコマンド ライン インターフェイスを使用してモデルをオートスケールします。

システムの固定小数点データ型の最適化

指定された許容誤差に基づいたシステムでのデータ型の最適化。

複数のシミュレーション シナリオを使用したデータ型の最適化

範囲収集および検証のための複数のシミュレーション シナリオの定義。

モデル オブジェクトの変換

参照モデルの固定小数点への変換

固定小数点ツールは、参照モデルのシミュレーションの最小値または最大値をログに記録し、収集された範囲の和集合に基づいてデータ型を推奨します。

固定小数点ツールを使用したデータ オブジェクトのオートスケーリング

固定小数点ツールを使用して、データ型の指定にデータ オブジェクトを使用するモデルを固定小数点に変換。

MATLAB Function ブロックの固定小数点への変換

固定小数点ツールを使用した MATLAB® Function ブロックの固定小数点への変換

ルックアップ テーブルを使用した MATLAB Function ブロックでの関数の置換

ルックアップ テーブル置換を使用して MATLAB Function ブロックを自動的に置換します。

トラブルシューティング

データ型最適化のトラブルシューティング

関数 fxpopt を使用してデータ型最適化中にスローされるエラーの調査。

データ型の伝播エラーを引き起こす可能性のあるモデル

オートスケーリング後にデータ型の伝播エラーを引き起こす可能性のあるモデル化の概要。

推奨されたデータ型を適用した後のデータ型の伝播エラー

特定の条件下で、固定小数点ツールは、モデルと互換しないデータ型を推奨する場合があります。

固定小数点ツールがデータ型を推奨しない理由

この節では、固定小数点ツールがデータ型を推奨しない場合の対処方法を説明します。

データ型の不一致と構造体の初期条件

この例では、構造体の初期条件を Simulink.Parameter オブジェクトで置換する方法を示します。

注目の例