最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変換するシステムの準備

固定小数点のガイドラインに対するモデルの自動チェックとサポートされていないブロックの管理

固定小数点ツールを使用すると、浮動小数点モデルまたはサブシステムを同等の固定小数点表現に変換するモデルを準備できます。変換の準備段階では、固定小数点ツールは設計対象のシステムについて変換プロセスとの互換性をチェックし、モデルで見つかった問題をレポートします。

クラス

DataTypeWorkflow.Converter固定小数点コンバーター オブジェクトの作成

トピック

モデルの設定

ワークフローのオートスケーリングの準備をします。

変換するシステムの準備

ワークフローのオートスケーリングの最初の手順。

固定小数点ツールを使用した変換するシステムの準備

固定小数点ツールを使用して、設計対象のシステムについて変換プロセスとの互換性をチェックします。

浮動小数点モデルから固定小数点モデルへの変換

固定小数点ツールを使用して浮動小数点モデルを固定小数点モデルに変換する。

固定小数点の変換ワークフローのベスト プラクティス

モデルを固定小数点に変換するためのモデル化のベスト プラクティス。

トラブルシューティング

固定小数点データ型をサポートしないブロックの使用

Simulink ブロックのデータ型のサポート テーブルは、Simulink® ブロック ライブラリに含まれるブロックの特性をまとめたもので、固定小数点データ型をサポートするかどうかも記載されています。