ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

手動変換

浮動小数点アルゴリズムから固定小数点アルゴリズムへの手動変換

関数

buildInstrumentedMexログ作成可能な計測機能を含んだコンパイル済み C コード関数の生成
showInstrumentationResultsインストルメント化されたコンパイル済み C コード関数によるログ作成結果
clearInstrumentationResultsインストルメント化されたコンパイル済み C コード関数によるログ作成結果の消去
fi固定小数点数値オブジェクトの作成
fimath固定小数点の算術設定を指定
numerictypenumerictype オブジェクトを作成
zeros固定小数点プロパティをもつ、すべて 0 の配列を作成
ones固定小数点プロパティをもつ、すべて 1 の配列を作成
cast変数を別のデータ型にキャスト

例および操作のヒント

MATLAB の浮動小数点アルゴリズムの固定小数点への手動変換

MATLAB の浮動小数点アルゴリズムの固定小数点への手動変換

最小/最大計測機能を使用したデータ型の設定

この例では、最小/最大ログ作成の MATLAB コードをインストルメント化し、ツールを使用してデータ型を推奨することによって、固定小数点データ型を設定する方法を説明します。

高速フーリエ変換 (FFT) から固定小数点への変換

この例では、高速フーリエ変換 (FFT) アルゴリズムのバージョンを固定小数点の MATLAB コードに変換する方法を説明します。

固定小数点の状態空間システムでのリミット サイクルの検出

この例では、固定小数点の状態空間システムを解析してリミット サイクルを検出する方法を説明します。

量子化誤差の計算

この例では、さまざまな丸め手法を使用する場合に、信号の量子化誤差の統計値を計算および比較する方法を説明します。

cast と zeros を使用した浮動小数点型および固定小数点型の FIR フィルター アルゴリズムの実装

この例では、固定小数点型の指定をアルゴリズム コードから分離することによって、有限インパルス応答 (FIR) フィルターを固定小数点に変換する方法を説明します。

概念

固定小数点の変換ワークフロー

さまざまな固定小数点変換方法に関する詳細。使用する変換方法は、最終的な目的と、固定小数点に関する専門知識のレベルにより異なる。

手動による固定小数点の変換ワークフロー

浮動小数点から固定小数点への手動による変換のワークフローの概要。

手動による固定小数点の変換のベスト プラクティス

これらのベスト プラクティスにより、手動の固定小数点変換ワークフローを使用して、汎用の MATLAB® コードから効率的な固定小数点実装を取得できます。

トラブルシューティング

アプリケーションに適したワークフローの決定

ニーズに最適な変換ワークフローを決定する際に役立つ各変換ワークフローの利点

関数でインストルメント化および高速化がサポートされている場合

固定小数点変換でサポートされている関数を見つける方法

関数が固定小数点の変換でサポートされていない場合の対処法

固定小数点の変換でサポートされていない関数の対処法

fi と 非 fi の乗算エラー

fi と非 fi エラーの修正方法

データ型不一致エラー

データ型不一致エラーの修正方法

fimath の不一致エラー

fimath の不一致エラーの修正方法

注目の例