最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

範囲の収集

ベンチマークでの理想的なモデル動作

固定小数点ツールは、変換プロセスのこのフェーズで収集された範囲を使用して、モデルのデータ型を推奨します。この手順は、変換するシステムの準備を行った後で実行してください変換するシステムの準備。計測、範囲解析、あるいはこの 2 つの組み合わせによるシミュレーションを通じて、範囲を収集できます。使用する方法を決定するには、範囲の収集手法の選択を参照してください。

クラス

DataTypeWorkflow.Converter固定小数点コンバーター オブジェクトの作成

トピック

固定小数点ツールの使用

データ型の変換の概要

3 つの方法のうちのいずれかでのモデルのデータ型の固定小数点への変換。

固定小数点ツールを使用したオートスケーリング

固定小数点ツールを使用して、システムを浮動小数点から固定小数点に変換する。

範囲の収集手法の選択

データ型推奨のベースとなる 3 つの範囲収集手法があります。

固定小数点ツールでのビューの制御

固定小数点ツールで情報をフィルター、並べ替え、および解析します。

実行管理

複数の実行を管理し、ショートカット エディターを使用してショートカットを設定する方法を示します。

シミュレーション

範囲の収集

ワークフローのオートスケーリングの 2 番目の手順。

浮動小数点モデルから固定小数点モデルへの変換

固定小数点ツールを使用して浮動小数点モデルを固定小数点モデルに変換する。

固定小数点の計測機能およびデータ型オーバーライド

固定小数点の計測およびデータ型オーバーライドの設定を制御し、モデルの範囲情報を収集します。

固定小数点ツールのコマンド ライン インターフェイス

コマンド ライン インターフェイス ワークフローと固定小数点ツール ワークフローの差異を強調する

コマンド ラインを使用したモデルの固定小数点への変換

固定小数点ツールのコマンド ライン インターフェイスを使用してモデルをオートスケールします。

派生

範囲解析の機能について

解析による範囲情報の派生方法を説明します。

サブシステム レベルでの範囲の派生

モデル レベルとサブシステム レベルにおける範囲の派生の相違

設計範囲を使用した範囲の派生

範囲を派生するときに範囲解析によって設計範囲情報を使用する方法。

ブロック初期条件を使用しての範囲の派生

次の例は、範囲解析でブロックの初期条件を考慮する方法を示します。

Simulink.Parameter オブジェクトの範囲の派生

ここでは、Simulink.Parameter オブジェクトの設計範囲情報が範囲解析でどのように考慮されるかを例示します。

中間信号の範囲結果

[結果の詳細] タブの [中間信号の最大値] および [中間信号の最小値] の結果を解釈します。

範囲解析でサポートされる Simulink ブロック

Simulink® ブロックの範囲解析のサポートの概要。

サポートされない Simulink ソフトウェアの機能

範囲解析でサポートされないソフトウェア機能の概要。

トラブルシューティング

固定小数点ツールによる整数データ型オーバーライドの回避

この節では、データ型オーバーライドの使用時にモデル内の整数データ型を維持する方法を説明します。

範囲解析における問題の解決

次の表に、範囲解析におけるさまざまな種類の問題とそれらを解決するための手順を示します。

設計範囲の競合の修正

モデル内で競合する設計の最小値と最大値を指定すると、範囲解析ソフトウェアからエラーが報告されます。

不十分な設計範囲情報

設計範囲の情報が不十分であるために解析で範囲情報を派生できない場合、設計最小値と最大値の入力情報を追加指定して問題を解決可能。

設計範囲情報の追加

ここでは、設計範囲の情報が不十分であるために解析で範囲情報を派生できない場合の作業の進め方を例示します。

System object の範囲解析のトラブルシューティング

モデルに対する範囲を派生させることができるように、必要に応じて System object を再構成する方法。

注目の例