Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

数値のデジタル表現

固定小数点数と浮動小数点数の表現

デジタル ハードウェアでは、2 進数を固定小数点または浮動小数点データ型として表します。異なるデータ型がどのように定義され、どのようにハードウェアで表現されているかを理解することは、アプリケーションに適したデータ型を選択するのに役立ちます。

トピック

一般

物理量と測定スケール

測定スケールと表現値の概要。

固定小数点ハードウェアの利点

固定小数点ハードウェアを使用すると、サイズと電力消費、メモリ使用量、速度、コストの面で利点が得られます。

デジタル ハードウェアでのデータ型とスケーリング

デジタル ハードウェアにおけるデータ型とスケーリングの概要の説明。

サポートされているデータ型

シミュレーションおよびコード生成でサポートされるデータ型。

固定小数点

固定小数点データ型

固定小数点データ型の表現。

量子化

ビットの重み付き総和で、実際値の量子化を表します。

Simulink における固定小数点数

Simulink® で使用される固定小数点データ型とスケーリングの表記法。

固定小数点オブジェクトの numerictype

numerictype オブジェクトのフィールドと設定。

固定小数点と組み込み整数型

MATLAB® における固定小数点データ型と組み込み整数データ型の違い。

小数部の長さと固定小数点数

負の小数部の長さと語長より大きい小数部の長さの定義。

浮動小数点

浮動小数点数

浮動小数点数の表現と操作。

スケーリングされた double

Fixed-Point Designer™ によって double として格納される、浮動小数点数と固定小数点数のハイブリッド。

注目の例