最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デジタル フィルターの設計

組み込みプロセッサ向けの固定小数点デジタル フィルターの設計

例および操作のヒント

直接型 II

一般に、直接型の実現は、伝達関数の係数が Gain ブロックとして直接表示される構造を指します。

直列型

直列正準型では、伝達関数は 1 次伝達関数と 2 次伝達関数の積として記述されます。

並列型

並列正準型では、伝達関数が部分小数に展開されます。

概念

正準型

正準型とは、特定のデジタル フィルターにおけるプロセッサの基本的な演算を指します。

固定小数点デジタル フィルターの実現

固定小数点 Simulink® ブロックを使用したフィルターの作成について概説します

組み込みプロセッサのターゲット

組み込みプロセッサ用の固定小数点設計をターゲットとする場合に生じる問題について説明します。

注目の例