ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自動変換

固定小数点の自動変換、固定小数点コンバーター アプリ、コマンド ライン

アプリ

固定小数点コンバーターMATLAB コードの固定小数点への変換

関数

fiaccel固定小数点コードの高速化と浮動小数点 MATLAB コードの固定小数点 MATLAB コードへの変換
coder.config固定小数点または単精度の変換のための構成オブジェクトの作成
coder.mexconfigコード高速化のための構成オブジェクト
coder.approximation関数置換構成オブジェクトの作成
coder.allowpcode保護された MATLAB ファイルからのコード生成の制御
coder.const生成コードでの定数への式の畳み込み
coder.extrinsic外部関数の宣言
coder.inline生成コードにおけるインライン化の制御
coder.loadMAT ファイルまたは ASCII ファイルから、呼び出し側ワークスペースにコンパイル時の定数を読み込む
coder.newtypecoder.Type オブジェクトの作成
coder.nullcopyコード生成での初期化されていない変数の宣言
coder.resizecoder.Type オブジェクトのサイズを変更
coder.targetコード生成ターゲットが指定されたターゲットかどうかを判別
coder.typeofエントリポイント関数の入力の型を表す coder.Type オブジェクトを作成
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開
coder.varsize可変サイズのデータの宣言

クラス

coder.MexConfigfiaccel と併用するコード高速化のための構成オブジェクト
coder.FixptConfig浮動小数点から固定小数点への変換構成オブジェクト
coder.ArrayTypeMATLAB 配列のセットを表す
coder.Constant1 つの MATLAB 値を含むセットを表す
coder.EnumTypeMATLAB 列挙のセットを表す
coder.FiTypeMATLAB 固定小数点配列のセットを表す
coder.PrimitiveType論理値、数値または文字の配列のセットを表す
coder.StructTypeMATLAB 構造体配列のセットを表す
coder.TypeMATLAB 値のセットを表す

例および操作のヒント

固定小数点の自動変換ワークフロー

シミュレーション範囲に基づくデータ型の推奨

固定小数点コンバーター アプリを使用してシミュレーション範囲に基づいて固定小数点データ型を推奨します。

派生範囲に基づくデータ型の推奨

固定小数点コンバーター アプリを使用して静的範囲に基づいて固定小数点データ型を推奨します。

固定小数点変換プロジェクトの MATLAB スクリプトへの変換

固定小数点の変換用のプロジェクトの設定をコマンド ラインで使用します。

固定小数点型の推奨

[型の推奨] オプションの指定

固定小数点の自動変換の型を推奨する際に使用するオプションを指定します。

変数情報の表示と変更

固定小数点変換の変数情報を表示および変更します。

デッド コードおよび定数が畳み込まれたコードの検出

テスト ファイルのシミュレーション中に、アプリはデッド コードまたは定数が畳み込まれたコードを検出します。

固定小数点への変換

生成された固定小数点コード

生成された固定小数点コードに関する問題を回避します。

ルックアップ テーブルでの関数 exp の置き換え

固定小数点コンバーター アプリで生成された固定小数点コードで、関数をルックアップ テーブルの近似関数に置き換えます。

カスタム関数からルックアップ テーブルへの置き換え

固定小数点コンバーター アプリを使用して、カスタム関数をルックアップ テーブルの近似関数に置き換えます。

結果の検証

浮動小数点と固定小数点の結果の差の可視化

カスタムのプロット関数を使用して、生成された固定小数点コードの動作を元の浮動小数点の MATLAB コードの動作と比較します。

シミュレーション データ インスペクターによるプロット作成の有効化

記録された浮動小数点と固定小数点の入力データと出力データを比較検査します。

オーバーフローの検出

アプリを使用してオーバーフローを検出します。

言語機能のサポート

グローバル変数を含むコードの固定小数点への変換

グローバル変数を使用した MATLAB コードを固定小数点にアプリを使用して変換します。

構造体を含むコードの固定小数点への変換

固定小数点コンバーター アプリを使用して、構造体を含む MATLAB® アルゴリズムを固定小数点に変換します。

複数のエントリポイント関数に対応する固定小数点 MATLAB コードの生成

固定小数点コンバーター アプリを使用した複数のエントリポイント関数に対応する固定小数点コードを生成します。

固定小数点コンバーター アプリを使用した dsp.FIRFilter オブジェクトの固定小数点への変換

この例では、固定小数点コンバーター アプリを使用して、高周波数の正弦波信号をフィルター処理する dsp.FIRFilter System object™ を固定小数点に変換します。

プログラムのワークフロー

シミュレーション範囲に基づくデータ型の推奨

関数 fiaccel を使用してシミュレーション範囲に基づいて固定小数点データ型を推奨します。

派生範囲に基づくデータ型の推奨

関数 fiaccel を使用して静的範囲に基づいて固定小数点データ型を推奨します。

オーバーフローの検出

コマンド ラインでオーバーフローを検出します。

ルックアップ テーブルでの関数 exp の置き換え

関数 fiaccel を使用して生成される固定小数点コード内で関数をルックアップ テーブルの近似に置き換えます。

カスタム関数からルックアップ テーブルへの置き換え

関数 fiaccel を使用して、カスタム関数をルックアップ テーブルの近似関数に置き換えます。

シミュレーション データ インスペクターによるプロット作成の有効化

記録された浮動小数点と固定小数点の入力データと出力データを比較検査します。

浮動小数点と固定小数点の結果の差の可視化

カスタムのプロット関数を使用して、生成された固定小数点コードの動作を元の浮動小数点の MATLAB コードの動作と比較します。

概念

固定小数点の変換ワークフロー

さまざまな固定小数点変換方法に関する詳細。使用する変換方法は、最終的な目的と、固定小数点に関する専門知識のレベルにより異なる。

固定小数点の自動変換

固定小数点の自動変換用に固定小数点コンバーター アプリを使用します。

固定小数点の自動変換でサポートされる MATLAB 言語機能

固定小数点の自動変換でサポートされる言語機能とサポートされない言語機能の概要。

固定小数点の自動変換のベスト プラクティス

ベスト プラクティスに基づいて固定小数点コードを生成します。

生成された固定小数点コード

生成された固定小数点コードに関する問題を回避します。

MATLAB クラスの固定小数点コード

MATLAB クラスの固定小数点の変換で、サポートされる構造とコーディング スタイルのベスト プラクティスを使用します。

複数のエントリポイント関数に対応する固定小数点 MATLAB コードの生成

固定小数点コンバーター アプリを使用した複数のエントリポイント関数に対応する固定小数点コードを生成します。

グローバル データを含むコードの固定小数点への変換

グローバル変数を使用した MATLAB コードを固定小数点にプログラムによって変換します。

ルックアップ テーブルの近似を使用した関数の置き換え

カスタム関数または固定小数点でサポートされない関数を置き換えるルックアップ テーブルの近似を生成します。

シミュレーション データ インスペクターを使用したデータの検査

シミュレーション データ インスペクターを使用すると、固定小数点への変換プロセス中に記録されたデータを表示できます。

カスタムのプロット関数

固定小数点の変換中に数値的な差を可視化します。

生成されたコードのデータ型の問題

レポートで潜在的なデータ型の問題を強調表示します。

固定小数点コンバーター アプリがサポートする System object

固定小数点コンバーター アプリを使用すると、良く使用される System object に対してデータ型を推奨して適用することができます。

トラブルシューティング

変数ログを使用した固定小数点の数値的問題のデバッグ

組み込みの変換より優れた変換が必要となる場合に、固定小数点コードをデバッグする手法。

固定小数点コンバーター アプリが System object にデータ型を推奨しない理由

System object のデータ型が推奨されない場合のトラブルシューティング方法

固定小数点コンバーター アプリの低速の動作

既定の設定では、固定小数点コンバーター アプリはエントリポイント関数でコード生成の準備状態をスクリーニングします。