Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

検証

モデルと生成されたコードの等価性を表示

コード検証はワークフローの一部であり、生成されたコードがモデルを正しく実装しており意図した機能のみを含んでいることを示します。コード検証は動作および構造の比較を通じて、モデルと生成されたオブジェクト コードの間の等価性を実証します。

ノーマル モードのシミュレーション結果をソフトウェアインザループ (SIL) またはプロセッサインザループ (PIL) のシミュレーション結果と比較することによって、モデル (コンポーネント) と生成されたコードの間の数値的な等価性をテストします。

モデル カバレッジとコード カバレッジの比較や、トレーサビリティ解析の実施によって、意図しない機能が存在しないことを示します。コード カバレッジ メトリクスを生成する SIL および PIL シミュレーションを設定します。モデルのオブジェクトと生成されたコードの間の双方向トレーサビリティを提供するレポートを生成します。

コード検証には、Embedded Coder® に加え、他の製品も使用できます。たとえば、Simulink® Requirements™Simulink Test™、Polyspace® などの製品があります。

注目の例