Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Cygwin と Eclipse のインストールと使い方

フリーのソフトウェア統合開発環境 (IDE) とフリーのコンパイラである Eclipse™ と Cygwin™ を生成コードのテストの例に使用します。

モデル例とこのシリーズの他の例の詳細については、C コード生成のためのコントロール アルゴリズム モデルの準備を参照してください。

Eclipse CDT Managed Make C プロジェクトの作成

1. Eclipse を開きます。

2. [File]、[New]、[C Project] を選択します。

3. [C Project] ダイアログ ボックスでプロジェクトを構成します。

a. プロジェクト名を指定します。

b. プロジェクトの場所を選択します。

c. プロジェクト タイプとして Makefile を選択します。

d. [Cygwin GCC] ツールチェーンを選択して [完了] をクリックします。

4. [Project]、[Properties] を選択します。[Advanced settings] を使用してプロジェクトをすべて構成します。

a. [C/C++ Build] プロパティを選択します。

b. [Builder Setting] タブの [Generate Makefiles automatically] を選択します。

c. [Behavior] タブを選択します。

d. [Build on resource save (Auto build)] を選択します。

5. 生成されたコードを Eclipse でコンパイルします。

ファイルを定義すると、Eclipse は main 関数を特定して managed make 環境でプロジェクトをビルドします。ビルドの詳細がコンソール ウィンドウに表示されます。

生成されたコードにおける Eclipse デバッガーの使用

1. [実行]、[Debug Configurations] を選択します。

2. [Debug Configurations] ダイアログ ボックスを使用してデバッガーを構成します。

a. [C/C++ Application] を選択します。

b. [new configuration] ボタンをクリックします。

c. プロジェクトを選択します。

d. [Apply] をクリックします。[実行] はクリックしないでください。

必要な場合は実行可能ファイルを選択します。Eclipse は自動的に exe ファイルを検出します。

3. デバッガーを開始するには、Eclipse の主ウィンドウから [実行]、[Debug] を選択します。

ビルド プロセス中、Cygwin はバーチャル ドライブの /cygdrive/c/ を作成します。デバッガーを実行するために、Eclipse はドライブをマッピングし直すか、ファイルを探します。最初のファイルを検出した後で、Eclipse は残りのファイルも検出します。

4. 生成コードに対してデバッガーを実行します。

Eclipse デバッガー コマンドの使用

以下のコマンドをデバッガーのコンテキスト メニューから使用できます。

  • F5: ステップ イン

  • F6: ステップ オーバー

  • F7: ステップ アウト

  • F8: 再開

  • Ctrl + Shift + B: ブレーク ポイントの切り替え

  • Ctrl + Shift + R: 指定行まで実行

  • Shift+F5: ステップ フィルターの使用

関連するトピック