Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

ランタイム環境の構成

アプリケーションのターゲット環境の選択と構成

コード生成ターゲットとしてシステム ターゲット ファイルを選択すると、生成されたコードの多くの機能が定義され、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログで利用可能な機能が選択されます。モデルにコード生成を構成する場合、ターゲット選択のコンフィギュレーション パラメーターを最初に設定します。

クラス

target.Aliasターゲット オブジェクトの代替識別子を作成
target.LanguageImplementationC および C++ コンパイラの実装の詳細を提供
target.Objectターゲット タイプの基底クラス
target.Processorターゲット プロセッサ情報の提供

関数

target.addターゲット オブジェクトを内部データベースに追加
target.createターゲット オブジェクトを作成
target.exportターゲット オブジェクトのデータをエクスポート
target.get内部データベースからのターゲット オブジェクトの取得
target.remove内部データベースからのターゲット オブジェクトの削除
target.upgradeハードウェア デバイスの既存の定義をアップグレードする

パッケージ

targetターゲット ハードウェア情報の管理

トピック