Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

ソフトウェア展開の基礎

ターゲット プラットフォーム要件の評価、ソフトウェアの問題の分離、組み込みシステム アーキテクチャの Simulink® モデリング環境へのマッピング

サポートされているターゲット環境のプラットフォームで使用するために Simulink® モデルから生成されたコードを展開するには、コード コードジェネレーターを準備します。

コードを統合または実行するために、プラットフォームの要件を評価します。プラットフォームとは、生成されたアプリケーション コードを実行できるようにするハードウェアとソフトウェアで構成される環境です。

ソフトウェアの問題をソフトウェア コンポーネントに分離します。プロジェクトを小さいモジュールに分解すると、関心領域、再利用領域、コラボレーション領域を分離しやすくなります。各コンポーネントについて、組み込みシステム アーキテクチャの側面を Simulink モデリング環境の要素にマッピングします。それから、各コンポーネントを展開します。

トピック