Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ユーティリティ コードの共有

再利用可能なコードの共有設定

ユーティリティ コードの共有を設定すると、コード生成によってモデル内のブロック用に共有ユーティリティ ファイルが生成されます。これらのブロックにはアルゴリズムを実装するための共通の機能が必要です。同一の共有ユーティリティのチェックサムをもつその他のモデルは、これらの共有ユーティリティ ファイルでコード再利用できます。

関数

すべて展開する

sharedCodeUpdate既存の共有コード フォルダーに新しい共有コード ソース ファイルを追加

トピック

共有ユーティリティ コードの生成

共通する Model ブロックの機能を補助関数としてモジュール化して共有します。

固定小数点関数の共有ユーティリティ コードの生成

固定小数点サポート関数の再利用可能なコードを生成する。

カスタム データ型の共有ユーティリティ コードの生成

カスタム データ型の再利用可能なコードを生成する。

リリース間での共有ユーティリティ コードの再利用

共有ユーティリティまたは外部コードをリリース間で再利用する。