Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

スケジューリング

時間ベースおよびイベントベースのスケジューリング要件

コード ジェネレーターは時間ベースとイベントベースのスケジューリング要件をサポートしています。時間ベースのスケジューリング要件は、タイミングに対して "周期的な" 割り込みソース (ハードウェア タイマーなど) を使用するモデルに適用されます。イベントベースのスケジューリング要件は、イベントに応答するブロックの実行もサポートしなければならないシステムに適用します。これらのイベントはシステムの周期的なタイミング ソースに対して "非同期" です。

Simulink® 関数と関数呼び出し、Function-Call Subsystem および Triggered サブシステムは、再利用可能なスタンドアロンの関数のコードを生成できる、再利用可能なシステム コンポーネントをモデル化する方法を提供します。このような場合、生成された関数のコードをその他の関数のコードおよびスケジューリングのサポートが含まれるランタイム環境と統合します。

カテゴリ