Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ソース ファイル

説明

生成されるソース ファイルのカスタマイズされた名前を指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[コード配置]

設定

既定の設定: $R$E

生成された識別子に特定のテキストを含めるかどうかと、含める場合はその順番を指定するマクロを入力します。マクロには、カスタム ユーザー テキストと次の書式トークンの組み合わせを含めることができます。

トークン説明
$E

ファイル タイプを挿入します。$E は次のファイル タイプのインスタンスを表します。

  • capi

  • capi_host

  • dt

  • testinterface

  • private

  • types

必須。

$R

ルート モデル名を識別子に挿入し、サポートされていない文字をアンダースコア (_) 文字に置き換えます。

モデル参照に必要です。

$U

$U トークンに指定したテキストを挿入します。このテキストを指定するには、[カスタム トークン テキスト] パラメーターを使用します。

カスタム名は .c ファイルと .cpp ファイルでのみサポートされます。モデルの階層構造の場合、カスタム名はルート モデルにのみ適用されます。

依存関係

このパラメーターには次の特徴があります。

  • ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

  • コードを生成するときに Embedded Coder® が必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: ERTSourceFileRootName
型: 文字ベクトル
値: トークンとカスタム テキストの有効な組み合わせ
既定の設定: $R$E

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ既定の設定を使用
効率性影響なし
安全対策推奨なし

関連するトピック