Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Assignment ブロックおよび Bus Assignment ブロックの更新でインプレース更新を実行する

説明

可能な場合は、Bus Assignment ブロックと Assignment ブロックの入力変数と出力変数を再利用します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オン

オン

可能な場合は、Embedded Coder® で Bus Assignment ブロックと Assignment ブロックの入力変数と出力変数を再利用します。それらの変数を再利用することで、データ コピーが減り、RAM の消費量が抑えられ、コードの実行速度が向上します。

オフ

Embedded Coder で Bus Assignment ブロックと Assignment ブロックの入力変数と出力変数を再利用しません。

依存関係

再利用可能なサブシステム

  • このパラメーターは [信号ストレージの再利用] を選択すると有効になります。

  • このパラメーターには Embedded Coder のライセンスが必要です。

  • このパラメーターは ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: BusAssignmentInplaceUpdate
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オン
安全対策

推奨なし

関連するトピック