Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

boolean データをビットフィールドにパッキング

説明

boolean 信号を 1 ビット ビットフィールドと boolean データ型のどちらとして格納するかを指定します。

カテゴリ: 最適化

メモ

この最適化は、明示的に構造体の割り当てを指定するターゲット用のコード生成には使用できません。

設定

既定の設定: オフ

オン

boolean 信号をグローバルなブロック I/O 構造体または DWork ベクトルの 1 ビット ビットフィールドに格納します。これにより RAM は少なくなりますが、実行可能コードが多くなる可能性があります。

オフ

boolean 信号をグローバルなブロック I/O 構造体または DWork ベクトルに boolean データ型として格納します。

依存関係

このパラメーターには次の特徴があります。

  • Embedded Coder® のライセンスが必要です。

  • ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: BooleansAsBitfields
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オフ (実行、ROM)、オン (RAM)
安全対策影響なし

関連するトピック