Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

グローバル データ アクセスの最適化

説明

グローバル変数の最適化方法を選択します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: グローバルを使用して一時的な結果を保持

なし

既定の最適化を使用します。

グローバルを使用して一時的な結果を保持

グローバル変数を最大限に使用します。

グローバル データ アクセスの最小化

ローカル変数を使用して中間の値を保持することで、グローバル変数の使用を最小限に抑えます。

依存関係

  • このパラメーターは [信号ストレージの再利用] を選択すると有効になります。

  • このパラメーターには Embedded Coder® のライセンスが必要です。

  • ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: GlobalVariableUsage
値: 'None' | 'Use global to hold temporary results' | 'Minimize global data access'
既定の設定: 'None'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性'Use global to hold temporary results' (RAM)、'Minimize global data access' (ROM)
安全対策影響なし

関連するトピック