Main Content

getNonBuildFiles

ビルド情報から非ビルド関連ファイルを取得

説明

files = getNonBuildFiles(buildinfo, concatenatePaths,replaceMatlabroot,includeGroups,excludeGroups) は、ビルド情報から非ビルド ファイル (最終的な実行可能ファイルに必要な DLL ファイルや README ファイルなど) を返します。

関数は、引数 buildinfoconcatenatePaths、および replaceMatlabroot を必要とします。オプション引数 includeGroupsexcludeGroups を使用できます。これらのオプション引数を使用すると、関数で返された非ビルド ファイルから、グループを選択的に含めるか、除外することができます。

excludeGroups を指定して includeGroups を除外する場合は includeGroups にヌル文字ベクトル ('') を指定してください。

ビルドの makefile は、ソースのパスおよびルールに基づいてファイルの場所を解決します。ビルド プロセスでは、ビルド情報に含まれるすべてのファイルのパスを手動で解決する必要はありません。concatenatePaths 引数に true を指定すると、関数 getNonBuildFiles は、次の場合に各ファイルのパスを返します。

  • パスの追加時にパスが明示的にファイルに関連付けられた場合。

  • getIncludeFiles を呼び出す前に、updateFilePathsAndExtensions を呼び出してファイルのパスおよび拡張子を解決した場合。

すべて折りたたむ

ビルド情報 myBuildInfo に保存されている非ビルド ファイル名を取得します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addNonBuildFiles(myBuildInfo,{'readme.txt' 'myutility1.dll' ...
   'myutility2.dll'});
nonbuildfiles = getNonBuildFiles(myBuildInfo,false,false);
>> nonbuildfiles

nonbuildfiles = 

    'readme.txt'    'myutility1.dll'    'myutility2.dll'

入力引数

すべて折りたたむ

指定関数のアクション
true各ファイル名と対応するパスを連結して返します。
falseファイル名のみを返します。

例: true

関数が返す出力に MATLAB® ルート定義を含めるかどうかを制御するには replaceMatlabroot 引数を使用します。

指定関数のアクション
trueトークン $(MATLAB_ROOT) を MATLAB インストール フォルダーの絶対パスに置き換えます。
falseトークン $(MATLAB_ROOT) を置き換えません。

例: true

includeGroups 引数を使用するには、myGroups = getGroups(buildInfo) を使用して、利用可能なグループを表示します。

例: ''

excludeGroups 引数を使用するには、myGroups = getGroups(buildInfo) を使用して、利用可能なグループを表示します。

例: ''

出力引数

すべて折りたたむ

バージョン履歴

R2008a で導入