Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

if-elseif-else のパターンを switch-case ステートメントに変換する

説明

if-elseif-else 判定ロジックのコードを switch-case ステートメントとして生成するかどうかを指定します。

この可読性の最適化はモデル単位で機能し、以下に対してのみ適用されます。

  • Stateflow® チャート内のフロー チャート

  • Stateflow チャート内の MATLAB® 関数

  • そのモデル内の MATLAB Function ブロック

カテゴリ: [コード生成]、[コード スタイル]

設定

既定の設定: オン

オン

if-elseif-else 判定ロジックのコードを switch-case ステートメントとして生成する。

たとえば、次のロジック パターンがあると仮定します。

if (x == 1) {
       y = 1;
} else if (x == 2) {
       y = 2;
} else if (x == 3) {
       y = 3;
} else {
       y = 4;
}

このチェック ボックスをオンにすると、if-elseif-else パターンが次の switch-case ステートメントに変換されます。

switch (x) {
     case 1:
       y = 1; break;
     case 2:
       y = 2; break;
     case 3:
       y = 3; break;
     default:
       y = 4; break;
}
オフ

生成されたコード内で if-elseif-else の判定ロジックを保持します。

コマンド ライン情報

パラメーター: ConvertIfToSwitch
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティオフ
効率性オン (実行、ROM)、影響なし (RAM)
安全対策影響なし

関連するトピック