Main Content

符号付き整数の右シフトを許可

説明

生成された C/C++ コードで符号付きビット単位右シフトを許可するかどうかを指定します。MISRA などの一部のコーディング標準では、符号付き整数に対するビット単位演算は許可されません。このオプションをオフにすると、MISRA-C:2004 準拠コードが生成される可能性が高くなります。

カテゴリ: [コード生成]、[コード スタイル]

設定

既定の設定: オン

オン

符号付き整数のビット単位の右シフトを使用するコードを生成します。

たとえば、このオプションを選択すると、生成コードに右シフトが表示されます。

i >>= 3

オフ

符号付き整数の右シフトを許可しません。このオプションをオフにすると、MISRA C® コンプライアンスがサポートされます。

たとえば、このオプションをオフにすると、右シフトが関数呼び出しに置き換えられます。

i = asr_s32(i, 3U);

コマンド ライン情報

パラメーター: EnableSignedRightShifts
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オン
安全対策影響なし

関連するトピック