Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ラピッド プロトタイピングと量産配布

生成された実行可能ファイルのビルド、検証、調整およびテスト

アプリケーションの要件、プロトタイプまたは量産環境や、現在の開発プロセスの段階に応じたいくつかの配布方法から選択します。バッチまたはモンテ カルロ シミュレーションなどの高速なスタンドアロンのシミュレーションを開発用コンピューターで実行する場合、ラピッド シミュレーション (RSim) ターゲットを使用して実行可能プログラムをビルドします。また、別のモデルで使用する S-Function ブロックを生成してシミュレーションを高速化する方法もあります。この方法は、シミュレーションを高速化するだけでなく、コードの再利用や知的財産を保護します。コードの再利用または知的所有権保護が主な目標である場合、共有ライブラリ (.dll.so または .dylib) をビルドして配布します。

エクスターナル モード シミュレーションでは、開発コンピューターとコード生成およびビルド プロセスで作成された実行可能ファイルを実行するターゲット プロセッサの間に通信チャネルを作成します。この通信チャネルを通じて、ターゲット プログラムのパラメーター値の変更やターゲット プログラムからの信号データの監視や保存を行うことができます。

リアルタイムの応答が重要である場合、実行可能プログラムをビルドして配布します。システムを制御するコンポーネントまたは制御されるシステムを表すモデルからプログラムをビルドします。コンポーネントの場合、リアルタイム シミュレーターまたはマイクロプロセッサで実行するときにコードをビルド、配布および調整します。テスト環境では、モデル用の実行可能プログラムをビルドし、ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーション プラットフォームにダウンロードします。環境を設定したら、実行可能プログラムを実行して、システムまたは制御ユニットをリアルタイムで検証します。

また、リアルタイム ラピッド プロトタイピングまたは量産用のターゲット ハードウェアにダウンロードできる実行可能プログラムをビルドするオプションもあります。実行可能プログラムは、外部のリアルタイム エグゼクティブまたはオペレーティング システムと統合するスタンドアロン プログラムにすることができます。スタンドアロン実行可能プログラムの場合、ターゲット ハードウェアへの適応には最小の更新しか必要ありません。

クラス

すべて展開する

target.APIAPI の詳細を記述
target.APIImplementationAPI 実装の詳細を記述
target.Boardハードウェア ボードの詳細を提供
target.BuildDependenciesC および C++ ビルドの依存関係を記述し、ターゲット ハードウェアと関連付け
target.CommandMATLAB コンピューター上で実行するためのシステム コマンドを取得
target.CommunicationInterfaceターゲット ハードウェアのデータ I/O の詳細を記述
target.CommunicationProtocolStack通信プロトコル パラメーターを記述
target.LanguageImplementationC および C++ コンパイラの実装の詳細を提供
target.Objectターゲット タイプの基底クラス
target.Processorターゲット プロセッサ情報の提供
target.CommunicationChannel通信チャネルのプロパティを記述
target.RS232Channelシリアル通信チャネルを記述
target.TCPChannelTCP 通信のプロパティを記述
target.ExternalModeRepresent external mode protocol stack
target.ExternalModeConnectivityBase class for external mode connectivity options
target.XCPDescribe XCP protocol stack for target hardware
target.XCPExternalModeConnectivityRepresent connectivity options in external mode protocol stack
target.XCPPlatformAbstractionSpecify XCP platform abstraction layer for target hardware
target.XCPSerialTransportRepresent XCP serial transport protocol layer
target.XCPTCPIPTransportRepresent XCP TCP/IP transport protocol layer
target.XCPTransportBase class for XCP transport protocol layer

関数

すべて展開する

buildStandaloneCoderAssumptionsコード ジェネレーターの仮定を確認するアプリケーションの作成
rsimgetrtpモデルのグローバル パラメーター構造体
rsimsetrtpparamrtP モデル パラメーター構造体のパラメーターを設定
extmodeBackgroundRunエクスターナル モードのバックグラウンド アクティビティの実行
extmodeEventエクスターナル モードのイベント トリガー
extmodeGetFinalSimulationTimeエクスターナル モードのプラットフォーム抽象化レイヤーの最終シミュレーション時間を取得
extmodeInitエクスターナル モードのターゲット接続性の初期化
extmodeParseArgsエクスターナル モードの抽象化レイヤーによってサポートされているコンフィギュレーション パラメーターの値を抽出
extmodeResetエクスターナル モードのターゲット接続性のリセット
extmodeSetFinalSimulationTimeエクスターナル モードのプラットフォーム抽象化レイヤーでの最終シミュレーション時間の設定
extmodeSimulationCompleteエクスターナル モードのシミュレーションが完了していることを確認
extmodeStopRequestedエクスターナル モード シミュレーションの停止要求をモデルから受信するかどうかをチェック
extmodeWaitForHostRequest開発コンピューターからのエクスターナル モード シミュレーションの開始または停止要求を待機

パッケージ

targetターゲット ハードウェア情報の管理

アプリ

カスタム ハードウェア上で実行エクスターナル モード シミュレーションを実行する

トピック

ラピッド プロトタイピングの考慮事項

外部コード統合ワークフローの選択

アプリケーション統合ポイントで、外部コードを特徴付け、コード生成統合要件を特定し、ワークフローを選択する。

コード生成の仮定のチェック

スタンドアロン ワークフローを使用して、コード ジェネレーターの仮定をチェックします。

リアルタイム ラピッド プロトタイピングのためのアルゴリズム モデルの展開

リアルタイムでのテスト用にアルゴリズム モデルを展開します。

生成コードを共有ライブラリとしてパッケージ化

開発プラットフォーム用のモデル コードの共有ライブラリ バージョンを生成する。

信頼されていないカスタム コード、カスタム ターゲット、およびコールバック

信頼されていないカスタム コードの使用にはリスクが伴う。

ラピッド シミュレーション

RSim システム ターゲット ファイルを使用したホスト コンピューターでのハイブリッド動的システムの高速化、調整およびテスト

開発用コンピューターでの非リアルタイムのモデルのシミュレーションを高速化します。

再利用可能なコンポーネントの配布

S-Function ターゲットを使用したシミュレーションの高速化、コードの再利用または知的所有権の保護

モデルまたはサブシステムから、別のアプリケーションに動的に読み込むことができる共有ライブラリを生成します。

共有ライブラリを使用した開発用コンピューターのシミュレーターへのインターフェイス

別のアプリケーションに動的に読み込むことができる共有ライブラリを生成します。

サブシステムからの S-Function の生成

[S-Function を生成] 処理を適用して Subsystem ブロックから S-Function を作成します。

エクスターナル モード シミュレーション

エクスターナル モード シミュレーションによるパラメーターの調整と信号の監視

開発用コンピューターとターゲット ハードウェア間の通信チャネルを通じてパラメーターを調整し、信号を監視します。

XCP 通信を使用したエクスターナル モード シミュレーション

XCP 通信チャネルを使用するエクスターナル モード シミュレーションを実行する。

XCP エクスターナル モード シミュレーションのグラフィカル コントロール

XCP エクスターナル モード シミュレーションのための [ハードウェア] タブと [エクスターナル モード コントロール パネル] のコントロール。

Set Up Connectivity Between Simulink and Target Hardware

Use target package to provide connectivity between Simulink® and target hardware.

XCP スレーブ ソフトウェアのカスタマイズ

ターゲット ハードウェア用に XCP スレーブ ソフトウェアをカスタマイズする。

TCP/IP またはシリアル通信を使用するエクスターナル モード シミュレーション

TCP/IP またはシリアル通信チャネルを使用するエクスターナル モード シミュレーションを実行します。

TCP/IP またはシリアルのエクスターナル モード通信のためのトランスポート層の作成

カスタム ターゲットへのエクスターナル モード接続をサポートするカスタムの下位通信層を作成します。

ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーション

リアルタイム ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションのための環境モデルの展開

リアルタイムでのテスト用に環境モデルを展開します。

量産配布

ベア ボード ターゲットへ展開するメイン プログラムの生成

メイン プログラム例を生成するためのモデルを設定する

Deploy Generated Standalone Executable Programs To Target Hardware

Generate standalone executable programs that do not require an external real-time executive or operating system.

Deploy Generated Component Software to Application Target Platforms

Run an executable program with a target support package for Linux®, Microsoft® Windows®, or Wind River® VxWorks® operating systems.

注目の例