Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ビルド プロセス

コンパイラまたは IDE の設定、ビルド プロセスの構成と開始、コンパイラ エラーのトラブルシューティング

モデル用に実行可能プログラムまたは共有ライブラリをビルドする前に、コンパイラまたは IDE を選択して設定し、ターゲット環境を構成します。いくつかのメソッドを使用してビルド プロセスを開始できます。生成コードの再読み込み、リビルド、再配置にツールを使用できます。

コード実行を向上するために、利用可能なプロファイリング機能の使用を検討してください。

関数

すべて展開する

packNGo移動するために生成コードを ZIP ファイルにパッケージ化
rtw_precompile_libsモデルをビルドせずにモデル内のプリコンパイル済みのライブラリをリビルド
codebuild生成されたコードのコンパイルとリンク
rtwrebuildモデルから生成されたコードをリビルド
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットのビルド
coder.buildstatus.close[ビルド ステータス] ウィンドウを閉じる
coder.buildstatus.open[ビルド ステータス] ウィンドウを開く
RTW.getBuildDirモデル ビルド情報からビルド フォルダー情報を取得
Simulink.fileGenControlブロック線図の更新やモデルのビルドによって生成されたファイルのルート フォルダーを指定
switchTargetモデル コンフィギュレーション セットのターゲットの選択

トピック

ビルド プロセスのワークフロー

リアルタイム システムのビルド プロセス ワークフロー

モデルから C コードを生成し、実行可能プログラムをビルドします。

Windows コマンド プロンプト ウィンドウからのモデルのビルド

バッチ ファイルで MATLAB を実行してモデルをビルドします。

モデルのリビルド

生成されたソース コードまたは makefile のカスタマイズ後にモデルをリビルドします。

生成されたコードの再読み込み

生成されたコードをモデル エクスプローラーから再度読み込みます。

Simulink 環境内での統合コードのビルド

サポート ファイルと制御モデルのコード生成およびビルドを Simulink 環境内に追加する。

別の開発環境にコードを移動する場合

コード生成とパッケージ化オプションを使用して、コードとアーティファクトを別の開発環境に移動します。

生成された C コードの Microsoft® Visual Studio® によるコンパイルとデバッグ

モデルから Visual Studio® ソリューションをビルドします。

コードの実行速度のプロファイリング

TLC フック関数インターフェイスを使用した生成コードの実行速度をプロファイリングします。

コード実行のプロファイル

コード セクションの実行プロファイルの表示と解析

ビルド プロセスの構成

ビルド アプローチの選択およびビルド プロセスの設定

生成されたコードから実行可能プログラムをビルドします。

テンプレート makefile と make オプション

コード ジェネレーターに組み込まれているテンプレート makefile。

C または C++ プログラミング言語の選択

コード生成用のプログラミング言語として C または C++ を選択します。

C または C++ コンパイラの選択と設定

生成されたコードのプログラミング言語への準拠を考慮し、ビルド プロセスにコンパイラを選択します。

コンパイラの問題のトラブルシューティング

ビルド プロセスでコンパイラ操作を妨げる問題を特定して修正します。

ランタイム環境の構成

アプリケーションのターゲット環境の選択と構成

コード生成レポート

生成されたコード ファイルとコード生成レポートを使用して生成されたコードに関する情報にアクセスします。

デバッグ用のモデルの構成

生成コードおよびビルド プロセスがデバッグ用に設定されるようにモデルを構成します。

ビルド プロセスの考慮事項

ビルド プロセスのフォルダーの管理

コード ジェネレーターが作成するフォルダーを管理します。

ビルド プロセスのファイルの管理

コード ジェネレーターによって生成されるソース ファイルと依存ファイルの作業。

ビルド プロセスのファイルの依存関係の管理

コード ジェネレーターによって生成されるソース ファイルと依存ファイルの作業。

ビルド プロセスの依存関係の追加

ビルド プロセスに外部コードの依存関係情報を追加する。

スペースまたは特殊文字を含むフォルダー名のビルド プロセスでのサポート

ファイル システムの問題によってファイルの処理が妨げられている場合に発生するビルド プロセス エラーのトラブルシューティング。

実行可能プログラムの生成

コード ジェネレーターを使用して実行可能プログラムをビルドします。