Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード インターフェイスの設定と統合

ソフトウェアの統合を容易にするためのデータと関数のコード生成の設定

モデルから生成されるコードには、モデルのブロック線図内のシステム、信号、ブロックに対応する関数と変数が含まれています。コードの標準とガイドラインに準拠し、生成されたコードと独自のコードを簡単に統合し、また、RAM や CPU スループットなどのコンピューティング リソースの消費を減らすために、関数、変数およびデータ型の宣言と定義を制御できます。以下を指定できます。

  • 生成されたファイルまたはインポートされたファイル内の配置

  • カスタムのデータ型名および構造体を含むデータ型

  • 識別子

  • コード インターフェイス

生成されたコードには、生成された複数のエントリ ポイント関数が含まれており、次を行うことができます。

  • ターゲット ハードウェア上で異なるレートのモデル実行をスケジュールする。

  • 再利用可能で再呼び出し可能な関数を含むモジュラー コードを生成する。

注目の例