Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

モデル コンフィギュレーション

シミュレーションおよびコード生成用のモデル構成

コード生成用のモデル コンフィギュレーション パラメーターは、コード ジェネレーターによるコードの生成方法と、モデルから実行可能ファイルを作成する方法を定義します。モデル アドバイザーは、モデルが標準とガイドラインに適合しており、コードを生成する準備ができていることをチェックします。コード生成アドバイザーは指定した目的関数に基づいてモデルを確認します。事前定義された効率性、トレーサビリティ、安全対策、デバッグ目的以上に機能を拡張するには、カスタムのオブジェクティブを作成します。

ブロック

すべて展開する

Custom MATLAB fileカスタム MATLAB コードを含むファイルを使用して親モデルのアクティブなコンフィギュレーション パラメーターを更新
ERT (optimized for fixed-point)Update active configuration parameters of parent model for ERT fixed-point code generation
ERT (optimized for floating-point)Update active configuration parameters of parent model for ERT floating-point code generation
GRT (debug for fixed/floating-point)Update active configuration parameters of parent model for GRT fixed-point or floating-point code generation
GRT (optimized for fixed/floating-point)Update active configuration parameters of parent model for GRT fixed-point or floating-point code generation

オブジェクト

すべて展開する

rtw.codegenObjectives.ObjectiveCustom code generation objective

トピック

入門

  • コード生成の構成
    [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスからコード生成に特定のモデル コンフィギュレーション パラメーターを変更する。

コード生成の構成

モデル アドバイザー

コード生成アドバイザー

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成