Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C++ データと C++ 関数の構成

Simulink® モデルから生成された C++ クラスの制御

既存のソフトウェア アーキテクチャに容易に接続できる効率的な C++ コードを生成するには、C++ クラス インターフェイスを設定します。モデルから C++ クラス インターフェイスを生成すると、モデルがクラスとして、データ要素がクラス メンバーとして、モデル関数がクラス メソッドとして表示されます。C++ クラス インターフェイスを対話形式またはプログラムで設定すると、次を設定できます。

  • クラス情報 — クラス名と名前空間

  • クラス メンバー情報 — クラス メンバーのデータの可視性とアクセス メソッド

  • クラス メソッド情報 — クラス メソッド名と引数

これらのカスタマイズを使用して、アプリケーション統合要件に合うように、レートベース モデルとエクスポート関数モデルから生成されたインターフェイスをすばやく調整できます。

ツール

コード マッピング C++ エディターConfigure how model elements and functions appear in generated C++ code

オブジェクト

coder.mapping.api.CodeMappingCPPModel data and interface configuration for C++ code generation

関数

すべて展開する

coder.mapping.api.getモデルのコード マッピングの取得
coder.mapping.utils.createCreate code mappings object for configuring data and function interface for C and C++ code generation
findGet model elements for the category of model code mappings
getClassNameGet class name of model
setClassNameSet class name of model
getClassNamespaceGet class namespace for a model
setClassNamespaceSet class namespace of model
getDataGet code mapping configuration for model data
setDataConfigure model data for C++ code generation
getFunctionGet code configuration from code mappings for model function
setFunctionSet code mapping information for model function

トピック

Interactively Configure C++ Interface

Interactively configure the C++ class generated from a Simulink model.

Programmatically Configure C++ Interface

Programmatically configure the C++ class generated from a Simulink model.

注目の例