Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コンポーネントベースのモデル化

モジュール化、再入可能性、再利用、バリアント

コード ジェネレーターは "条件付きで実行される" 非バーチャル サブシステムと "アトミックな" 非バーチャル サブシステムをサポートします。開発者は多くの場合、モジュール化と再利用を促進するためにサブシステムから参照モデルへの変換を選択します。再利用可能なコードを生成すると、モデル参照を使用するモデルに特別な処理が必要になる可能性があります。たとえば、参照するモデルが同じハードウェア設定を使用するように設定しなければなりません。

  • サブシステム
    サブシステムのコードの生成と再利用
  • 参照モデル
    参照モデルのコード生成
  • Stateflow チャート
    Stateflow® チャートのコードの生成と再利用
  • コードの再利用
    再利用可能な関数コードの生成、モデルの分割
  • モデルの保護
    サードパーティと共有するための、シミュレーションおよびコード生成の保護モデルの作成
  • バリアント システム
    次元、サブシステムおよびバリアント モデルのコードと、Variant Sink ブロックおよび Variant Source ブロックが含まれるモデルのコードを生成します。

注目の例