Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コードのトレース

生成コードとモデル内の対応するブロック間のトレース

コード検証では、コードのトレースにより、生成されたコードの行とそれに対応するモデル内の要素の間を簡単に移動できます。生成されたコードを検証するには次を行います。

  • 生成コードとモデル要素の間を次の方法で移動してトレースします。

    • コードからモデルに: コード生成レポートのハイパーリンクを使用してコードからモデル要素にトレースします。

    • モデルからコードに: モデル要素から生成コードの対応する行にトレースバックします。

  • 生成コードをモデル要素の要件にリンクします。コンフィギュレーション パラメーターを使用して、要件の説明をコメントして生成コードに含めるかどうかを指定できます。

関数

rtwtraceコード生成レポートの生成コードへのブロックをトレースする

トピック

Verify Generated Code by Using Code Tracing

Code tracing enables navigation between generated code and its corresponding elements in a model.

Trace Simulink Model Elements in Generated Code

Trace Simulink® model elements by using code-to-model and model-to-code traceability in the code generation report.

Trace Stateflow Elements in Generated Code

Trace different Stateflow® elements to corresponding lines in generated code.

Reload Existing Traceability Information

Example of how to reload existing traceability information for a model.

Customize Traceability Reports

Obtain complete mapping between model elements and generated code.

Use Traceability in MATLAB Function Blocks

Trace between source code and generated code in a MATLAB Function block.

注目の例