Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ビルド プロセスのカスタマイズ

クロスコンパイル、コード生成後の処理、ターゲット ビルド プロセスのカスタマイズ

アプリケーションの開発環境と実行時の要件に合わせて、ビルド プロセスや、必要に応じてビルド プロセス インフラストラクチャをカスタマイズします。コードのコンパイルとリンク用にファイルとフラグを制御します。

システムに参照モデルが含まれている場合は、ビルド時間を短縮し、コード ジェネレーターで最上位モデルのコードを再生成するかどうかを制御します。

関数

すべて展開する

addCompileFlagsコンパイラ オプションをビルド情報に追加
addDefinesプリプロセッサ マクロ定義をビルド情報に追加
addIncludeFilesインクルード ファイルをビルド情報に追加
addIncludePathsインクルード パスをビルド情報に追加
addLinkFlagsリンク オプションをビルド情報に追加
addLinkObjectsリンク オブジェクトをビルド情報に追加
addNonBuildFiles非ビルド関連ファイルをビルド情報に追加
addSourceFilesソース ファイルをビルド情報に追加
addSourcePathsソース パスをビルド情報に追加
addTMFTokensテンプレート makefile (TMF) トークンをビルド情報に追加
findBuildArgビルド情報から特定のビルド引数を検索
findIncludeFilesインクルード (ヘッダー) ファイルを検索してビルド情報に追加
getBuildArgsビルド情報からビルド引数を取得
getCompileFlagsビルド情報からコンパイラ オプションを取得
getDefinesビルド情報からプリプロセッサ マクロ定義を取得
getFullFileListビルド情報からファイルのリストを取得
getIncludeFilesビルド情報からインクルード ファイルを取得
getIncludePathsビルド情報からインクルード パスを取得
getLinkFlagsビルド情報からリンク オプションを取得
getNonBuildFilesビルド情報から非ビルド関連ファイルを取得
getSourceFilesビルド情報からソース ファイルを取得
getSourcePathsビルド情報からソース パスを取得
setTargetProvidesMainコード ジェネレーターが提供する (生成されたまたは静的な) main.c ソース ファイルの、ビルド時のインクルードの無効化
updateFilePathsAndExtensionsパスやファイル拡張子が欠落しているビルド情報でファイルを更新
updateFileSeparatorビルド情報内のファイル リストのファイル区切り文字を更新
slConfigUIGetVal任意のモデル コンフィギュレーション パラメーターについての現在の値を返す
slConfigUISetEnabledカスタム ターゲットのコンフィギュレーション オプションの有効化または無効化
slConfigUISetVal任意のモデル コンフィギュレーション パラメーターの値を設定
codebuild生成されたコードのコンパイルとリンク

オブジェクト

すべて展開する

RTW.BuildInfo生成されたコードのコンパイルとリンクに関する情報を提供する

トピック

ビルド プロセスのカスタマイズ

ビルド アプローチの選択およびビルド プロセスの設定

生成されたコードから実行可能プログラムをビルドします。

テンプレート makefile と make オプション

コード ジェネレーターに組み込まれているテンプレート makefile。

ビルド プロセスのコンパイルおよびリンクの制御

ビルド プロセスがコード生成後に終了するかどうかを選択し (テンプレート makefile アプローチの場合)、テンプレート makefile のオプションを選択します。

コンパイラの最適化の制御

makefile のコンパイラの最適化を Simulink UI レベルで制御します。

ビルド中のライブラリの位置および名前付けの制御

プリコンパイル済みのライブラリ、プリコンパイルされていないライブラリ、モデル参照ライブラリの場所を選択し、ビルド プロセスがライブラリに適用するファイル拡張子を選択します。

最上位モデル コードの再生成の制御

最上位モデル用にコードを再生成するオプションを選択します。

Reduce Build Time for Referenced Models by Using Parallel Builds

Apply parallel builds to reduce build time for large model reference hierarchies.

生成される makefile を makecfg を使用して S-Function 用にカスタマイズする

S-Function のビルド プロセス用に makefile の生成を構成する。

コード生成後のビルド プロセスのカスタマイズ

コード生成後のコマンドを使用してビルド プロセスを変更し、(オプションで) ビルド情報オブジェクトを使用し、このプロセスを拡張します。

プリコンパイル済みのライブラリの再コンパイル

再コンパイル プロセスを介して、プラットフォームまたは環境用のプリコンパイル済みライブラリにカスタム設定を適用します。

別の開発環境にコードを移動する場合

コード生成とパッケージ化オプションを使用して、コードとアーティファクトを別の開発環境に移動します。

Compile Code in Another Development Environment

Relocate generated code and compile in another environment.

ビルド プロセス インフラストラクチャのカスタマイズ

カスタム ツールチェーンの登録および実行可能ファイルのビルド

ツールチェーンを登録および使用して実行可能ファイルをビルドします。

STF_make_rtw_hook ファイルによるビルド プロセスのカスタマイズ

カスタム STF_make_rtw_hook.m フック ファイルでビルド プロセス フック機能を使用し、ビルド プロセスを変更します。

sl_customization.m によるビルド プロセスのカスタマイズ

カスタム sl_customization.m フック ファイルでビルド プロセス フックのメカニズムを使用し、ビルド プロセスを変更します。

STF_rtw_info_hook で指定されたターゲット データの置換

MATLAB® Release 14 より前に作成されたカスタム ターゲットの場合、ターゲット固有の特徴を指定するためのカスタム STF_make_rtw_hook フックの使用を更新します。

カスタム ターゲットの開発

カスタムのターゲット

MATLAB 設計および Simulink® 設計をハードウェア プラットフォームに配布するソフトウェアを作成します。

システム ターゲット ファイルのカスタマイズ

開発の目的を満たし、コード生成を制御するカスタム システム ターゲット ファイルを開発します。

カスタム ターゲットのオプション機能

ツールチェーン準拠やモデル参照準拠など、コード生成機能と準拠するためのカスタム システム ターゲット ファイルに対するオプション機能のサポートを追加します。

カスタム ターゲットを使用したツールチェーン アプローチのサポート

ビルド プロセスのユーザー インターフェイスをより制御するため、カスタム システム ターゲット ファイルにツールチェーン アプローチのサポートを追加します。

C 関数プロトタイプ コントロールのサポート

より多くのビルド プロセス制御のために、カスタム システム ターゲット ファイルに C 関数プロトタイプ コントロールのサポートを追加します。

C++ クラス インターフェイス コントロールのサポート

より多くのビルド プロセス制御のために、カスタム システム ターゲット ファイルに C++ クラス インターフェイス コントロールのサポートを追加します。

モデル参照のサポート

モデル参照ビルドのために、カスタム システム ターゲット ファイルにモデル参照のサポートを追加します。

コンパイラ最適化レベル コントロールのサポート

より多くのビルド プロセス制御のために、カスタム システム ターゲット ファイルにコンパイラ最適化レベル コントロールのサポートを追加します。

複数タスクの同時実行のサポート

マルチコア ターゲット モデルのために、マルチタスク実行サポートをカスタム システム ターゲット ファイルに追加します。

デバイス ドライバー

リアルタイム開発プロジェクトの一部としてデバイス ドライバーを使用します。