Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR コードの生成

AUTOSAR ランタイム環境の C/C++ コードと XML コンポーネント記述を生成

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの Simulink® 表現を作成および開発してから、SIL/PIL テスト用または AUTOSAR ランタイム環境用に統合するためのコードを生成します。AUTOSAR のモデル化を開始するには、AUTOSAR Blockset 入門 (AUTOSAR Blockset)を参照してください。

トピック

AUTOSAR 規格に準拠したモデルの開発

AUTOSAR 準拠の C コードを生成し、AUTOSAR XML (ARXML) 記述を Simulink® モデルからエクスポートします。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成の AUTOSAR

AUTOSAR コードの生成を制御するパラメーター。

AUTOSAR コード置換ライブラリによるコード生成 (AUTOSAR Blockset)

AUTOSAR 4.0 コード置換ライブラリを使用して、AUTOSAR 規格により厳密に準拠した C コードを生成する。

SIL および PIL による AUTOSAR C コードの検証 (AUTOSAR Blockset)

ソフトウェアインザループ (SIL) およびプロセッサインザループ (PIL) シミュレーションを使用した AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの C コードを検証する。

以前のリリースからの AUTOSAR コードのインポートとシミュレーション (AUTOSAR Blockset)

以前のリリースから AUTOSAR コードをインポートするには、リリース間ワークフローを使用します。