最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Submatrix

行列入力からの要素のサブセット (部分行列) の選択

  • ライブラリ:
  • DSP System Toolbox / Signal Management / インデックス

    DSP System Toolbox / Math Functions / Matrices and Linear Algebra / 行列演算

説明

Submatrix ブロックは M 行 N 列の入力行列 u から、連続した部分行列 y を抽出します。抽出する行と列の選択方法の詳細については、範囲指定オプションを参照してください。

端子

入力

すべて展開する

ブロックが指定した部分行列を抽出する入力信号。

このブロックは Simulink® バーチャル バスをサポートします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | boolean | fixed point | 列挙型

出力

すべて展開する

入力信号から選択した部分行列。出力のデータ型は、入力のデータ型と同じです。

このブロックは Simulink バーチャル バスをサポートします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | boolean | fixed point | 列挙型

パラメーター

すべて展開する

部分行列を形成する要素のサブセットを選択する方法の詳細については、範囲指定オプションを参照してください。

出力で保持される入力行の範囲です。

出力の最初の唯一の行として使用する入力行です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Row span][One row] に設定します。

出力の最初の行として使用する入力行です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Row span][Range of rows] に設定します。

出力の最初の唯一の行として使用する入力行のインデックス。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Row span][One row][Row][Index] に設定します。

出力の最初の行として使用する入力行のインデックス。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Row span][Range of rows][Starting row][Index] に設定します。

出力の最初の唯一の行として使用する入力行のオフセット。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Row span][One row][Row][Offset from last] または [Offset from middle] に設定します。

出力の最初の行として使用する入力行のオフセット。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Row span][Range of rows][Starting row][Offset from last] または [Offset from middle] に設定します。

出力の最後の行として使用する入力行です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Row span][Range of rows] に設定し、[Starting row][Last] 以外の任意の値に設定します。

出力の最後の行として使用する入力行のインデックス。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Ending row][Index] に設定します。

出力の最後の行として使用する入力行のオフセットです。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Ending row][Offset from middle] または [Offset from last] に設定します。

出力で保持される入力列の範囲です。

出力の最初の唯一の列として使用する入力列です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Column span][One column] に設定します。

出力の最初の列として使用する入力列です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Column span][Range of columns] に設定します。

出力の最初の列として使用する入力列のインデックス。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Column span][Range of columns][Starting column][Index] に設定します。

出力の最初の唯一の列として使用する入力列のインデックス。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Column span][One column][Column][Index] に設定します。

出力の最初の唯一の列として使用する入力列のオフセット。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Column span][One column][Column][Offset from last] または [Offset from middle] に設定します。

出力の最初の列として使用する入力列のオフセット。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Column span][Range of columns][Starting column][Offset from last] または [Offset from middle] に設定します。

出力の最後の列として使用する入力列です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Column span][Range of columns] に設定し、[Starting column][Last] 以外の任意の値に設定します。

出力の最後の列として使用する入力列のインデックス。1 以上の整数として指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Ending column][Index] に設定します。

出力の最後の列として使用する入力列のオフセットです。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Ending column][Offset from middle] または [Offset from last] に設定します。

ブロックの特性

データ型

boolean | double | 列挙型 | fixed point | 整数 | single

直接フィードスルー

no

多次元信号

no

可変サイズの信号

no

ゼロクロッシング検出

no

詳細

すべて展開する

拡張機能

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入