最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

時間遅延の推定

この例では、LMS 適応 FIR アルゴリズムを使用して、ノイズを含む入力信号の時間遅延を適応的に推定する方法を示します。フィルターのタップのベクトルのピークは、時間遅延の推定値を示します。

詳細は、S. Haykin, Adaptive Filter Theory, 3rd Ed., Prentice-Hall 1996 を参照してください。